fc2ブログ

クラウドファンディング 長野ワイン応援企画 千曲川ワインバレー編

日本酒の道具紹介した直後にワインの話ってどうかと思うのですが
ワインも美味しいですよねえ。
勝手な僕の印象ですが蒸留酒は一人が楽しい。
醸造酒はみんなでワイワイが楽しいって感じがするんですがいかがなもんでしょう。
あ、泡盛飲んでみんなで踊り出すってイメージもあるな。
上記の限りではありませんでした。
でも日本酒やワインってつながりが深くなる酒という感じがします。

ソムリエであり、長野の美味しいワインを広める活動をされている友人
長野のワイン王子の異名を持つ花岡純也さんから連絡いただき
「協力してくれませんか?」って言われたら協力するでしょ?普通。
だって相手は「王子様」ですよ!
「ワタクシなどにお声がけくださってありがとうございます〜」
くらい言いだしそうになっちゃうでしょ?
ある時そういう事があったとお思いください。

なんでも王子はコロナの影響で人々の動きが止まり、閉塞感がある中で
一生懸命作っているワイナリーを応援したい。
素晴らしいワインを醸し続けているその魅力をみんなに知ってもらいたい。
そしてなにより日々出歩くことの少なくなった皆様にワインを
楽しんでもらいたい。
そんな思いでこのクラウドファンディングを推進しているのだとか。

そんな王子の強い思いに応えなきゃ男がすたるってもんです。
プロジェクト第三弾「千曲川ワインバレー編」にて
錫のワイングラスで参加させていただくこととなりました。
「せっかくだからオリジナルを作りましょう!」
ってことになり、今回まだ誰も見ていないワイングラスを制作いたしましたよ。
錫とワインの相性ってどうなのよ!
って思われる方もいらっしゃるかもしれませんが
そこはワイン王子、花岡さんのお墨付き。
僕はワインに関してどシロートですが
グラスの中でワインがうまく回ること、
香りを楽しめる口径、
手に持った具合、手に取った時の感触など
色々考えてこのバランスにしました。
日々の生活の中でカジュアルにどんどん使ってもらいたい思いもあり
脚なしです。
使いやすく美しいフォルムのグラスができたんじゃないかと思っています。
錫はガラスのワイングラスと違い、透過光でワインの色を確認する事ができません。
なので赤は深い真紅。そして白はワインが黄金に輝きます。
そんなことも楽しんでいただけたら・・・

ともあれ、主役はワイン。
長野の美味しいワインあってこそグラスが生きる!
僕が関わらせていただく千曲川ワインバレー編では
東御市のヴィラデスト、飯綱のサンクゼール、中野のたかやしろ
という3つのワイナリーが参加しています。
どれも一般流通していない特別限定モノ。
それを聞いただけでもグッとくるじゃあ〜りませんか。

ぜひこの機会に長野の美味しいワインを試していただき、
錫のワイングラスをお使いいただけたらと思います。

そうそう、第一弾 日本アルプスワインバレー編は目標金額に達して
おりますがまだ募集継続。26日まで。
第二弾 桔梗が原ワインバレー編はまだ目標に到達しておらず
締切12月13日まで。
錫のグラスは第三弾 千曲川ワインバレー編のみ。
12月24日までとなっております。
どうぞ皆様、応援のほど、そして長野のワインを楽しんでください!

これぽちね↓ページに飛ぶからね。
コロナ復興支援「ワイナリーにエールを!皆様にエールを!」〜NAGANO WINEを飲んで、楽しんで、エールの送り合いを〜第三弾『千曲川ワインバレー』編

nagano wineクラファンブログ用画像

楽燗(ら・かん)

前回お伝えした白白庵での個展「真夜中の工作室」
昨日で終了いたしました。
オンライン展示とギャラリー展示が並行ということでしたが
ギャラリーはもちろんオンラインの方にも
たくさんの方に訪れていただいたのを実感できる展覧会でした。
ありがとうございました。

今年は神戸のギャラリー壺屋で「修羅」「シュラシュシュシュ」
青山の白白庵で今回の「真夜中の工作室」
3回の個展があり、それぞれに収穫の多い展示でした。準備も大変でした。

準備が大変で収穫が多かった展示というと思い返されるのは2018年のこの展示
角居康宏・各務賢周 二人展
足掛け4年という時間をかけ
陶芸家・各務賢周(かがみまさかね)氏と
やりとりを重ねて作り上げた酒燗器の作品群の展示。
作品も自分で納得のいくものでしたが
それ以上にお客様の反応がすごくて初めての完売を経験いたしました。
その後の反応もすごくて
ギャラリーの方に使った感想を伝えるお客様が後をたたないという連絡をいただきました。
この形式のお酒の燗をつける道具というのは僕も見たことがなく
この魅力をたくさんの方にお伝えすべきというギャラリーの助言と
これを事業として進めましょうと言ってくれるデザイナーのおかげがあり
このたび「楽燗(ラカン)」という名前で展開していくこととなりました。

銅製、もしくは真鍮製の燗風呂にお湯を入れ、
その下に100円ショップなどで手軽に手に入れることのできるキャンドルを入れ
ロウソクの火が消えるまで4〜5時間も燗が楽しめるという優れもの。
それもちょうどいい温度の漬かり具合が長い時間続くという・・

困ったことにこれを使って酒を飲むと最低ラインが一升(笑)
もちろん一人ではなく二人以上で飲むのですが
一升びんが空かなかった事がありません。
しかも翌日お酒が残った事がない。
変な頭痛に悩まされた事がありません。
あくまで個人的な感想ですが。

陶器の色合いによる三種類揃え、
黄瀬戸(製作者の各務賢周氏は黄瀬戸の名手!)と
銅の組み合わせになる"楽燗クラシック"
緑釉と真鍮の組み合わせによる”楽燗ナチュラル”
黒釉と真鍮の”楽燗アーバン”

僕が酒器を作っていてかねがね思っているのは
「とにかくお酒を楽しんで飲んで欲しい。」
「その輪の中に僕の酒器があってくれたら嬉しい。」
「楽しい話のその一端に僕の酒器の話題がのぼってくれたらなお嬉しい。」
というものです。
この酒器で友人を迎え入れるのってほんと楽しいと思うんです。
ぜひこのページをご覧いただき、酒の仲間として迎え入れてもらえたらと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

楽燗(この文字ぽちしてくれたらページに飛びます)
楽燗ブログ用画像

角居康宏個展 真夜中の工作室 @白白庵

しばらく更新しない間にすっかり寒くなっちゃいました。
あれ?夏は何をやってたんだろう?
毎日何かを作ってはいたんですが・・・なんの仕事してたんだっけ?

中条に越してきてから生活がちょっと変わりました。
前住んでいたところは善光寺の門前。まちなか。
夜九時過ぎたら・・できれば八時過ぎたら
叩く音やグラインダーをかける音は出さないようにしようと
気を遣って夜はろう付けや仕上げの時間に充てていたのですが
今住んでいる中条は近所っていっても離れてるし
苦情を言ってくる人もいないので夜中でも気兼ねなく制作ができます。
以前から一時二時くらいに仕事を終えるのは当たり前だったのですが
今はちょっと度が過ぎてしまって朝の四時ごろになったら
そろそろ寝なきゃ明日(今日!!)使いもんにならんなあ・・って
ようやく床に入ります。
そんなこと言うと朝はのんびり寝てるんでしょ?
とか思われそうですが
八時くらいには起きてきてのそのそ工房に入ります。
歳も歳だしこんな生活どうかと思うのですが・・・

夜中は制作には向いているんじゃないかと思ってます。
以前、「クリエイターは孤独と仲良くなれないとダメだよね。」
と話してくれたアーティストがいました。
「うぉぉぉ、名言!!」なんて思ったものです。
僕にとって孤独になれる時間帯が夜中。

それともう一つ。
感情の蓋が開く?想像の蓋が開くっていう感じなのかな。
皆さんも記憶にありませんか?
夜中に好きな人への思いが抑えきれなくなって
ラブレターを書いてしまい、翌朝読み返すと
あまりの厨二病的クソ文章に
穴があったら入りたい!頼む!誰か俺を殺してくれ!
くらいの恥ずかしさにさいなまれるやつ。
「真夜中のラブレター効果!!」
厨二病的に英語で言うと「ミッドナイトラブレターエフェクト!!」
カッケー!ハズカシー!!
もちろん今勝手に名付けたんだけれども。
ラブレターはハズカシーんだけども創造にはなかなかの良いお友達。
想像が創造を作りますから想像の蓋が開けるには夜中が良い時間帯。

そうやって孤独とミッドナイトラブレターエフェクトを
エネルギー源にして日々制作に勤しんでおるわけですが、
今回の個展のタイトルは「真夜中の工作室」
場所は昨年も同時期に個展させていただいたギャラリー
去年はオンラインのみとなっておりましたが
今回は土日に関してはオープンしております。
僕もオープニング13日、14日と在廊いたします。
13日はたつにいと勝手に呼んで敬愛している酒数寄者 佐々木達郎氏との
トークをオンラインにて配信します。
こちらのページから。おぉ、バナーが僕の写真になってる。カッコ良い!

ぜひ、僕のロンリー&ミッドナイトラブレターエフェクトパワーを
ご覧くださいませ!

角居康宏個展 「真夜中の工作室」
白白庵(パクパクアン)
オンライン開催:11月13日(11:00am)〜22日(7:00pm)
ギャラリー開催:11月13日、14日、20日、21日(11:00am~7:00pm)

真夜中の工作室イメージ写真web用


シュラシュシュシュ 角居康宏個展 @ギャラリー壺屋 神戸

今日、僕の住む中条では昼間にザッパァァァァって
前が見えないくらいの雨が降りました。
梅雨ですねえ。
コロナ禍での避難というのはちょっと考えたくないですね。
雨の被害がないことを祈ります。

さて、ただいま神戸のギャラリー壺屋にて絶賛開催中の個展「修羅
今週末で終わりを迎えます。
ちょっと距離もあり、県外に出かけるのをはばかられる昨今ですので
ギャラリーでお客様をお迎えすることができず残念ではありますが
見に来てくださった皆様、ありがとうございました。

この個展の搬入時、ギャラリー店主岡本さんから
「角居さんな、警戒宣言延長になってもてな、
角居さんの個展2ヶ月に延長しようかとおもてんねんけど、どやろ?」
と言われ、願ってもないことだと思い、喜んでオッケーしました。
「でな、後半の展覧会名、どうする?
修羅の後でシュラシュシュシュとかどや?」

・・・・????・・・
お??・・・違う展覧会になるのか?
ひと月でなんとかなるのか?それは・・・・・??
まあそこそこ長いこと作家活動続けていますが
同会場2連発、違う内容の個展というのは経験がありません。
もひとつ言えば個展の準備期間がひと月無いっていうのも
多分やったことありません。
カフェの棚だけとか小さいところならまだしも
れっきとした工芸ギャラリー、取扱作家の面々もそうそうたる顔ぶれ
半端なものは出せません。
うつわもほぼほぼ今までの作品は見ていただいてるので
新作のみでの勝負。
・・・大丈夫か??・・それ・・
・・・大丈夫か??・・おれ・・

シュラシュシュシュの語源を調べてみました。
シュラシュシュシュって言葉は皆さんご存知ですよね?
♪金比羅船船 追手に帆かけて シュラシュシュシュ・・♪
ってあれです。
修羅ってもちろんもともと阿修羅のことなんだけど
大きい石やら丸太やら重いものを運ぶソリの名称でもあるんです。
多分そのソリを引っ張る労苦、戦いの毎日を
戦いの神である修羅となぞらえたんだろうと思いますが。
・・で、そのクッソ重い修羅(ソリ)もこんぴらさんの功徳を受け
追い風に乗って軽やかにシュラシュシュシュと進むと。

・・・なるほど、そういうことか・・・

修羅って名前で個展やって創作は戦いであるっていう表明は分かったと。
それでもひょうひょうと軽やかに作って見せんかい!!
・・とそういうことですね。

承知しました。やってみましょ!!
やれるとこまでやったろやないかい!!

今回は工芸ど真ん中の作品より、日用品 雑貨みたいなものを
メインに攻めてみます。
蚊取り線香立て(DMのもの、こんぴらさんの功徳を受けるべく船の形)やら
照明やら筆箱やら思いつくもの作っておりますが
なんせ24時間×1ヶ月弱という時間しかございませんので
どのくらいになりますか。
ちなみに今の僕に残された時間は24時間×1週間といったところ。
最後の追い込み頑張ります。

最後に今回もDMに記した言葉を載せておきます。


ものづくりは楽しい。

使う人のみになって工夫を凝らす。
たりない技術があれば身につくよう学ぶ。
小さな物ひとつ作るにも道具を一から作ることもある。

大変なことをしているという感覚はない。
大層なことをしているという思いもない。
砂遊びに夢中になる子供と同じだ。
母に頭を撫でられた時のように褒められたらなお嬉しい。

みんなにも楽しんでもらいたいなぁ。
そんでシュラシュシュシュと軽やかに楽しく
鼻歌なんぞ歌いながら作り続けたいなぁ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
角居康宏個展 シュラシュシュシュ
7月3日〜25日
11:00am〜6:00pm
期間中の金・土・日
(週末のみの開廊となります。お気をつけください)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

シュラシュシュシュ001シュラシュシュシュ002


修羅 角居康宏個展 @ギャラリー壺屋 神戸

いやぁ、暑くなってきましたねえ。
それもそのはず、今日からもう6月。
お外はキラキラの陽射し。
しかし、僕の工房はまだ朝晩冷え込みが強く、
ストーブをつけたりしてます。
ストーブっていつ片付けるんだ?なんて思ってます。
全然片付かない工房の中で。

緊急事態宣言の延長に次ぐ延長で
皆様の中にも生活に混乱をきたしている方も多いでしょう。
僕も先日、大きな展示の企画が一つ中止となってしまいました。
しょうがないとはいえ、残念なことです。

さて、
神戸にあるギャラリー壺屋は僕にとってとても大切な場所。
転機となる機会をたくさん作ってくれました。
技術的にも乗り越えなければならない課題を見せてくれましたし、
作る姿勢についても襟をただす場面が何度もありました。
ある意味僕の指針となる場所です。

店主の岡本さんからは、以前から
「角居さんの美術の世界、見てみたいなぁ、うちで個展やらへんか?」
と言われてはいたのですが「機は熟した」というべきなのか
今回このギャラリー壺屋にて彫刻作品をメインにした個展を開くこととなりました。

畳敷きの和の空間、
そしてこのギャラリーの取り扱い作家の中で金属を扱う作り手は僕一人。
「角居康宏という作り手と出会わなければ金属を扱うことはなかっただろう」
と店主に言われるほど異端である僕が工芸のギャラリーで彫刻を展示する。
これがどれほど異端であるかは想像に余りある。
だからこその楽しみがあるのです。

このギャラリーは楽しみより怖さが優先する場所です。
初めての個展でも、転機の一つとなった陶芸家 各務賢周氏との二人展でも
ブログには「怖い」という表現されています。
もちろん今回も怖い。
しかしなんでしょう、今回楽しみにしている自分がいるのです。
なるようになれというやけっぱちがないとは言えないのですが
工芸に取り組む自分と同様に真摯に美術に取り組む自分が
これまで30年近く作り続けてきた世界観が
この場所でどういう風に受け入れてもらえるのか。
それを知りたくてウズウズしている自分も確かにいるのです。

今回の展覧会名は「修羅」
修羅とは阿修羅のこと、戦いの神です。
今回のDMに記したこの展示に向けた言葉を最後に
記しておきます。

美しいものを作りたい。


しかし身のうちにあるものが美しい物でできているわけではない。
さらに作っている最中は客観視できない。
美しいものが作れる確証もなくもがく。
もがきながらその時美しいと信じているだけだ。


自分が欲する美しさが世に言う美しさと
隔たりがあることも知っている。
自分の美を世に問うてみたい衝動にもかられる。


作るとは葛藤そのものである。
迷い、苦しみ、悔やみ、怒る。
自分の不甲斐なさに。
自分の未熟さに。


自身の葛藤と闘い、乗り越えようともがく時
宮沢賢治の詩の一節が浮かぶ。


おれはひとりの修羅なのだ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

角居康宏個展 修羅
6月5日(土)〜27日(日)
11:00am~6:00pm(最終日は4:00pmまで)
期間中の金・土・日
(週末のみの開廊となります。お気をつけください)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
修羅  DM 写真面003修羅  DM 宛名面004





プロフィール

角居康宏

Author:角居康宏
モノを作るのが好きです。
モノを作ることによって
人と関わるのが好きです。

誠実に作ったものは
人の心を動かすと思っています。
美術は人に
熱を与えうると思っています。

僕が、たくさんの作品に
心動かされたように、
僕の作ったもので
誰かの力になれたら。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2022/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR