中条アートロケーション《場》始動!

前回のブログが元旦だったので一月以上経ってしまった・・・
書くことはたくさんあったのに・・・
慌しく毎日が過ぎていきますね。
一月からこれじゃあっという間に年末を迎えてしまうかもしれない・・・

前回、元旦のブログで公開工房「中条アートロケーション《場》」を作る事、
作るに当たってクラウドファンディングを立ち上げ
皆様からご支援いただきたい旨、お伝えいたしましたが
2月1日クラウドファンディング始動いたしました。

小さい頃、雑誌「ムー」が好きでした。
ノストラダムスの予言もちょっと信じていました(笑)
アンゴルモアの大王はどんなやつでどんなことが起こるんだろうって
不安やらドキドキやらないまぜの感情で1999年を迎えたこと覚えております。
何事もなく2000年を迎え、
しかし心の奥底に今でも引っかかったままの感情というのがあります。
「この世はいつかは終わる」というものです。

科学者はこう言うんですよね。
例えば太陽にも寿命があって膨張を続けた後死に至る。とか
宇宙自体もいつまでも続くものじゃなくて膨張し続けてから爆発する。だとか
いやいや、膨張じゃなくて収縮していくんだ・・とか。
その後必ず「何十億年か後にね」ってのが入る。
いや、ちょっとそれは置いといて・・って感じになりますが(笑)

1999年は無事に過ぎたけれど、2011年3月に東北の震災が起こり
やっぱりこの世は永遠には続かないかもしれないことを示唆されました。
何かアクションを起こしたいのにどうすればいいかわからない
モヤモヤをずっと抱えたまま生きています。
そんな人、きっとたくさんいるよね。

もっと一生懸命生きようと思います。
もちろん今までも一生懸命生きてきたつもりだけれど
いつかおこるかもしれない何かのために
今を一生懸命にやってみようと思います。
そのための一歩を勇気を出して踏み出してみたいんです。
自分のことももちろん、まわりが元気になるようなことが
今年50歳になる今なら何かできるかもしれないなって思ったんです。

長野の限界集落に工房を作ります。
たったそれだけのことですが
僕の呼びかけに応じてくれたスーパーな仲間たちがいます。
なにか起こせそうな気がしています。
スーパーな仲間たちがこんな素敵なページを立ち上げてくれました。
他のどんなクラウドと比較しても胸を張れるリターン品も揃いました。
すでにいくつかのご支援をいただきました。
「ひたすら自由に、面白いことやってください!」
という素敵なメッセージを添えてくれた人もいます。

どうか、このページを最後までご覧くださり、
活動の目的を知ってください。
そして、よかったらご支援、お願いいたします。
クラウドページの入り口はこちらです。

 場トップページ画像 

一年の計は元旦にあり

2018年があけました。みなさまあけましておめでとうございます。
どうぞ本年もよろしくお願いいたします。

一年の計は元旦にありといいますが、みなさま計はたてられましたか?
僕は毎年そんなに計を立てる方ではないのです。
「今年一年息災でいられますように」
「なんとかいい具合に仕事が続いていきますように」
「去年よりもっといいものが作れるようになりますように」
「たくさんのに人に喜んでいただけるものをつくれますように」
あ、これはお願いで計画ではないですね。
ありゃー、じゃ、今まで計は立ててこなかったのか・・・

今年は具体的な計があるのです。もう決まっているのです。
そしてもうプロジェクトは始まっているのです。

実は新しく工房を作ります。
長野市内なんだけどウチから車で30分かかる中条という地域に。
中条はたぶん全国の中山間地が抱えている問題、
高齢化と過疎化という大きな問題を抱えている地域です。
その地に僕個人の工房というかたちではなく、
共同工房、公開工房というようなかたちで開く予定です。

工房を開くに当たっていろんな側面を考えました。
もちろん僕個人の作品を作る場所として、
作品の保管管理する場所としてはもちろんなのですが、
ここ何年か、いろいろ考えていてもやもやしていた何かが
なんらかの形にできる場所にならないものかとそんな思いでいたのです。

まずもやもやその一、
「表現」ということがもつ必要性、力をどうあつかうべきなのか。
これから社会はAIの進化やビットコインなどの台頭による経済の大きな変化、
人口の急激な変動、産業構造の大きな変動によりますます変わっていくでしょう。
しかしそこに「人間性」はうまく反映されるのだろうかという疑問があります。
人間性を獲得することとはなにか?
たぶんAIによって生活が便利になることや
お金をたくさん稼いで裕福な暮らしをすることではないでしょう。
それはその地域がもつ文化という居場所があって、
そのうえで自分自身の精神が解放される、
自分に与えられた生を実感できることではないでしょうか。
そしてそのことは僕らがやっている「表現」という行為が
なしうる一つの側面なのではないかと思うのです。
人間から人間性というものを剥奪しようとしている社会に対して
僕らの生き方がなんらかの一石を投じられないものだろうか。

それからもやもやその二・・・
僕自身は震災の起こった2011年に長野に越してきて
原発の先行きの不透明さや、政治のある偏りに対して
デモや啓発活動などに参加してきましたが、二度の選挙を経て
「叫んでも言葉が届かない」というジレンマを味わいました。
ましてや今、僕が何かを叫んだところで北朝鮮のボスや、トランプさんには
届きようもないでしょう。
僕の力でできることといって考えが及ぶのは
感覚や考え方、価値観を共有できる仲間を集め、
強制し合わないゆるいコミューンを作り、もしくはその一員となり、
似た志をもつ離れた仲間と緩やかにネットワークを作り、広げるということ
なのではないかと思ったのです。

もやもやその三
見捨てられていく地域、荒れ果てていく地域。
現首相は「美しい国、日本」と旗を振っておりますが
日本の美しさというとどのような風景を思い浮かべるでしょうか。
そびえ立つ山、ゆるやかな海岸線、四季折々の色の変化を見せてくれる森林
稲穂の実る田園、きれいなせせらぎ・・・
日本の原風景、「ふるさと」を感じる景色を思い浮かべる方が多いのではないかと思います。
しかしそれらを管理する地域の多くが過疎に悩んでいます。
産業構造の変化や少子高齢化で税収が見込めなくなったら
インフラの整備すらかなわなくなる地域も多いと思います。
新たな産業を呼び込める地域というのもごく限られているでしょう。
文化というものは地域の歴史の上に乗っかって進めていくものだと
感じていますが、その歴史すら消え去っていくものも多いと思います。
僕たち表現者はその文化を礎にし、探求や解放を進めていく立場です。
多くの表現者が金に困っているように、
僕らに大きな経済を作り出すことは難しいかもしれません。
しかし、生きる喜びや肯定感をダイレクトに味わい、伝える能力を
与えられていると感じています。
田舎に拠点を設けると言うことはそういう喜びも生み出しうるのではないか、
その喜びを伝える一助になるのではないかとそんな風に思っています。
あわよくば表現する若い世代が集まり地域に活力ができれば
なおおもしろいのではないでしょうか。

そんなもやもやを僕なりに解釈し
今年、長野市中条に「中条アートロケーション『場(ば)』」
を作り、公開制作や工房のレンタル、解放、アートレジデンス、
それから演劇や講演などできる空間を作ります。
今住んでいる長野市街地の工房はそのままに、ギャラリー機能を高め、
中条と連動して行くように考えています。
1月末からはクラウドファンディングを始め、改修費用に充てたいと思います。
できれば今後、中条にアーティストの誘致も行いたいと思っています。
これからちょいちょい情報も流していきます。

たくさんの方にこの活動に賛同、協力、参加していただき、
たのしい「場」となっていきますように。

みなさまどうぞよろしくお願いいたします。

中条アートロケーション 場 全容写真 

技で魅せる正月展 at伊勢丹新宿店

まっこと申し訳ない。今日3つ目。

本来、こっちが正しいお知らせの時期というものです。
最近はギリギリ直前の告知ばかりになってしまっています。
だいたい一週間前にしとくってもんですが。
この展示に関しては始まるまでに一週間はありますので おけーですね。
普段からちゃんとやれよ!やすひろ!

現実的な内情を言うと一週間前ってのは
一番焦ってる頃ですね。
だいたい、出品リスト提出が一週間から10日ほど前。
手元に完成しているものだけ出すなら余裕ですが
「あと一週間で何が作れるか??」
なんて考えて、できてないものまでリストに書き込んじゃったりします。
なにしろ天性の楽観主義で仕事のスピードを過信しているところもあって
無理やりぎゅうぎゅうに詰めちゃったりします。
だいじょぶか?だいじょぶなのか??なんて独り言言いながら。
まだできてない新作を値段だけ決めちゃって送っちゃったりすることもあります。
あとで「むぅ・・この値段でこんなに時間ないのにこれだけの仕事すんのか?」
とか後悔することもしばしば・・
後悔しながらも、ま、追い詰められんと力発揮できんからな・・
などと自分に言い訳して夜半過ぎまでやる羽目になったりするわけですが・・
そんな日々を楽しんでる部分もあったりするわけですが・・

今回のリスト提出日は明日。
今回もがっちり詰め込んで送ろうと思います。
なんせこれが今年最後の展示。
頑張りまっそ!

・・・しかし途中に高遠美術館の搬出あるんだよなぁ・・・


技で魅せる正月展
12月13日〜25日
伊勢丹新宿店 本館5階 キッチンダイニングデコール

技で魅せる正月展 2017011 技で魅せる正月展 2017012 




冬のプレゼント展 atガレリア表参道

ちょっと慌ただしい感じがしますが
2つ目の告知させてくださいね。
なんせ、正月の餅代をなんとかしなければならんもんで・・

とか言って一人暮らしのおっさんが正月に食べる餅なんて
たかが知れてるもんです。
若い頃は餅の10個も食えたもんですが今はダメ。
食いすぎるとなんか酸っぱいものがこみ上げてきちゃって・・
む?恋か??なんて勘違いするようなアレではなくてです。
やや?つわりか??なんていうアレもないし。
あ、覚えがあったところで身ごもったりしないんだった。おっさんだから。
などとお下品な話は何だか盛り上がっちゃうのでやめときましょう。
なんせ品のない人間だから。

しかぁし、下品とロマンチックは紙一重。
冬といえばプレゼントの季節です。
なんせキリストさんの誕生日、クリスマスが控えておりますからね。
ここぞとばかりに異性にプレセントを渡し、あわよくば・・
ほら〜、お品がないわねぇ。下心が見え見えで。

下心云々(でんでんではない(笑))はさておき、
プレゼントをいただくのは嬉しいもの。
そして渡すのも・・
そんな素敵なプレゼント、たくさんの作家が心を込めて作ったものが
並ぶ企画展がこちら。
プレゼントの種類も多種多様、きっとお気に入りのものが見つかりますよ。

冬のプレゼント展
12月7日〜24日
長野市、ガレリア表参道にて

冬のプレゼント展007 冬のプレゼント展008 

縁起物×新年の茶盌展 at銀座三越

12月に入りました。師走です。
なんだか気持ちも慌ただしくなってくるってもんです。
しかし今年ももうあとひと月で終わりますなぁ。

お酒呑んでるとだんだん時間の感覚が加速していくってことありませんか?
7時くらいから友人と呑みだして9時くらいまでは普通に過ぎていくのに
ちょいと酔いが回った9時以降、ハッと気づくと12時頃になってて、
イカンイカン、そろそろ寝なきゃ・・と思いつつ
5分ほど話してたつもりが2時ごろになってた・・なんて。
昨日と一昨日、そんな呑み方をしてしまいましたが・・
おかげで昼間眠いんすよね。
一年を呑んでる時間に例えたらいけませんが夏以降の時間の進み方が
ちょっと早いと思うんですよね。
9月以降、あっという間に12月になっちまいましたよ。
返せ、俺の10月11月!って思いません??
この勢いだとあっという間に年越しになってしまうんでしょう。

さて、年越しまでにやらにゃならんことたくさんありますが
まずは展示!

12月一発目は銀座三越!『縁起物×新年の茶盌展』
おなじみ白白庵プロデュース!
いつもながらのゴージャスラインナップ。
この面々を見ているとなんか多少の運の悪さは吹き飛ばしそうな
勢いと強さを感じます。
もう、メンバー自体が縁起物!仲間ながら拝みたくなってきます。
そんな作家たちが作るもの、福を呼びそうな気がしてきませんか?
ぜひ見に行って、福を手に入れてくださいね。

縁起物×新年の茶盌展
12月6日〜19日
銀座三越 7階 ジャパンエディション

縁起物×新年の茶展010 縁起物×新年の茶展009 

プロフィール

角居康宏

Author:角居康宏
モノを作るのが好きです。
モノを作ることによって
人と関わるのが好きです。

誠実に作ったものは
人の心を動かすと思っています。
美術は人に
熱を与えうると思っています。

僕が、たくさんの作品に
心動かされたように、
僕の作ったもので
誰かの力になれたら。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR