FC2ブログ

ハイアットセントリック金沢

こればっかり話すのもちょっとやなんだけども。
相変わらずコロナが猛威を振るっているようで。
連日たくさんの新規感染者の情報が飛び交っております。
なんでもお盆には実家に帰っていいとかいけないとか
旅に出ろとか出るなとか。

旅行に行くと援助してあげるよ、お金あげるよ。
って言っといて県をまたいでの移動はお控えください。
っていう社会全体を使った壮大なダブルバインド(クリックすると意味に飛びます)
の実験が行われている最中です。

そんな中ですが僕の故郷、金沢ではおっきなホテルが新規オープンしました。
ホテルハイアットセントリック金沢
あのハイアット!
高級ホテルの名前挙げてみてって聞かれたら
日本だと帝国、オークラ、ニューオータニ
国際的ホテルだとヒルトン、リッツカールトン、ハイアット
くらいが出てくるんじゃないかしら?
よく知らんのだけど。
そのハイアット!
新幹線が通って金沢も大資本ホテルが!
これでどんどんお金持ちの観光客が!海外からも!!
・・ってダブルバインド実験の最中なんだった。
・・厳しい船出ですね。
まぁそこは大資本!頑張ってもらいましょう!!

さて、そのハイアットに僕の作品も並んでおります。
ありがたいことです。
どこに並んでいるのかは僕もよくわかりません。
まだ行っておりません。
こんなことでもなければ今後も行くこともないと思いますが
ロビーあたりに飾られているのなら今度帰省した時に
みに行ってみようかな。
最上階のバーにありますよーなんて言われたら見に行きにくいなあ。
どこなんだろ?
展示の様子の写真は送られてきました。
ハイアットセントリック作品 ブログ用2
Photo Masahiro Terada
え?え?どこ?どこ?って?
探してください。これです。
ハイアットセントリック作品 ブログ用1 
Photo Masahiro Terada
ちなみにふーん、酒器ね。
って思われるでしょうが、これクソでかいので
普通には使えないと思います。
5リットルくらい入るんだったっけかな?
一升瓶3本くらい・・・

もう一つ。
こちらも。
ハイアットセントリック作品 ブログ用4
Photo Masahiro Terada
もうほとんど宝探しの様相ですね。
はい答え合わせ。
ハイアットセントリック作品 ブログ用3
Photo Masahiro Terada

こちらは10リットル超え!
軽くベビーバス!!
体力自慢の屈強な男どもが自慢の大胸筋ピクピク言わせて
酒を注ぎ合う。そんな用途。
・・ではない。ほら、展示だから。

空間がでかいから大きいものも大きいって感じられませんが
実際に目にすると「ほっほう・・」ってなるんじゃないかと
思います。
・・だといいな。

なんせまだ見てないのでよくわかんねっす。
行ってきた!って人。
見てきたよ〜!って人。
いらっしゃったらご報告お待ちしています。

っつか、よかったら見に行ってくださいな。
そんでお泊まりしてラグジュアリーな時間をお過ごしくださいませ。

以上、ラグジュアリーと程遠い角居がお伝えいたしました。

真夏の冷酒器展

梅雨が長い
降り続く雨の影響で湿度が高い。
カビ・サビの発生が凄まじい。
普段使っている金槌の柄にカビが生えた。
使用しているにも関わらず金床が半日でサビでザラザラになる。
気分的にもカラッとしません。

コロナに関しては緊急事態宣言が解除されてからの増加が凄まじい。
今まで表に現れてなかっただけかもしれませんが。
GO TO トラベルで広がってしまわないか心配です。

このところ地震の警報もよく鳴ります。
布団に入ってからあの警告音を聞くのはあわてます。

なんだか不安を掻き立てる今日この頃です。
みなさんのところはいかがですか?いかがお過ごしですか?
大丈夫ですか?
強く生きていかなきゃですね。

さて、こんな中にあっても発表の機会をいただいています。
ありがたいことだと思っています。
場所は神戸。
今まで僕のいろんな転換点を作ってくれたギャラリー壺屋
ここは多種多様な作家を取り扱うギャラリーではありません。
厳選した取扱作家をじっくり育ててくれる店。
その分お客様の目も肥えています。

今回の展示のテーマは『真夏の冷酒器』
壺屋には珍しく1ヶ月のロングラン。
これから暑い夏がやってきます。
いつもの年なら「夏だ!海だ!山だ!」なんて言ってたのに
色々不安もあるのでなかなか外に遊びに出られない。
ステイホームを心がけている皆様にも
新たに冷酒器を手に入れて宅飲み
・・なんてのもなかなか一興ではないでしょうか?

真夏の冷酒器展
ギャラリー壺屋(クリックするとマップが開きます)
8月1日〜30日(期間中の金・土・日、営業)


壺屋 真夏の冷酒器展DMオモテ001壺屋 真夏の冷酒器展DMウラ002




金工 角居康宏 & ガラス 神代良明 展 @アートサロン光玄

コロナ騒動もいっとき落ち着きを見せた感のある今日この頃です。
みなさんいかがお過ごしですか?
「落ち着きを見せた感」があるだけで世界では相変わらず猛威を振るっていて
なくなっているわけではないし、
第二波、第三波もあるんだぞなんていう話も聞くし、
こんなおっかねえ経験したこともないウイルスが多分まだまだ潜んでいるんだろうし、
なんて考えると夜も眠れない気分になりそうですが
幸い「自粛!!!」なんていう呪文が社会に飛び交ってるもんだから
時間があるので最近睡眠時間しっかり取れてます
なんて方も多いことでしょう。

僕はといえばまあ、ものづくりなんてのは
そもそも引きこもりの仕事だし
自粛ブーム以前の注文の制作があったりして
なんも生活は変わってない感じです。
そうそう、いただいてた注文品を発送したら
お客様からお電話をいただきました。
「このところ『自粛』でふさぎ込んでいたから作品が届いて嬉しい気持ちになりました
元気を届けてくれてありがとう」
という内容で、連絡いただいた僕が元気をもらいました。
中沢新一さんが言ってたんですが、
これ多分レヴィ・ストロースからの引用だと思いますけど
「人間ってのはそもそも『等価交換』なんかしちゃいないんです。
『贈与交換』してるんです」ってな話でした。
もちろん現在の社会はお金を介して等価交換でできてるわけですが
感謝を込める、一筆したためる、電話で一言声を届ける
そんなことで贈与交換に近づくことはでできるんじゃないか
そんなことを感じたのでした。

さて、そんな僕の昨今ですが、いよいよ展示再開
この間、3本ほど展示の話がなくなったり中止に追い込まれたり
ってなことがあったのですが今度こそは!

場所は名古屋、アートサロン光玄。
これで4回目の機会をいただきました。
今まで3回は個展でしたが、今回は二人展。
ご一緒いただく相手は昨年瀬戸新世紀工芸館で
「火と大地と僕たちと。」をした相棒、神代良明氏

昨年の展示は二人とも大物勝負で
「いかに空間を構成するか」「空間で圧力を放つ」
みたいなところで展示に臨みましたが
今回は小さなギャラリー空間でどんなぶつかり合いが果たせるか。
昨年、瀬戸新世紀工芸館でご覧になった方は神代氏の作品の
量感に圧倒された方も多いと思いますが、彼の小品も
ずっと眺めていたくなる可愛さ。
僕も楽しみなのです。
僕はといえば前回はアルミ鋳造、今回は錫の鍛金で器物での制作ですから
全く違う感じになっちゃいます。

DM用に新作の作品作ったらコロナウイルスみたいになっちゃった。
そのことを神代氏に伝えたら
「あ〜、僕もコロナウイルスみたいになっちゃいました〜!」
ってお返事(笑)

よかったら異素材の二人の作るコロナウイルス、見に来てください。
いや、もちろん4度目ともなれば他にも新作たっぷり。
前とおんなじだったね。なんて言われないように頑張っておりますよ。
昨年の展示を見た方は昨年との違いに驚かれる展示になりますので
是非来てくださいね。
マスクも忘れずにね。

光玄DM2020003光玄DM2020004




春爛漫・百花繚乱茶会 at白白庵(青山)

コロナコロナコロナコロナコロナコロナ・・・・

新型コロナウイルスの影響は大変なものです。
先程、ちょっと長野市街まで出かけたのですが
すごい渋滞してて、「事故でもあったのかな?」
って思ってたんですが、県外の友人のフェイスブック見てると
各地で渋滞が起こっているようです。

想像に過ぎませんが皆さんじっとしてることに
我慢の糸が切れてしまったのかな?とか思ってます。
大人はまだしも子供達は学校が急にお休みになって
友達とも会えなくてゲームも飽きてきて
親には勉強しろって言われてストレス溜まってて
お子さんをお持ちの親御さんなんかは
そろそろどっか連れてってやんなきゃダメかな?
なんて思ってる頃なのかな?なんて想像してます。

お勤めの方の不安も相当大きいですが
僕なんかはフリーランスのゲージツカという
極めて不安定な生活ですので
「これからどーなるんやろ?」なんて毎日考えています。
あそうか、有給使えばいいのか!!!
だいぶ溜まってるぞーー!わはは。
ソーリ!有給休暇ください(笑)

どんなに行動に制限をかけても人間の好奇心は消えません。
文化を欲する気持ちって消えません。
むしろ経済活動の低下でモヤモヤした気持ちをを文化活動で補うってこと
あるんじゃないでしょうか?
イタリア各地で起こっているこの活動、ちょっと感動しました。
https://www.youtube.com/watch?v=Loo4XmfdRj8

ってなわけでそんなこんなすったもんだの世の中ですが
展示はあります。文化活動です!
場所は東京青山、白白庵!
スタートは今日!!!(笑)

春爛漫・百花繚乱茶会
白白庵
3月21日〜4月8日(水曜定休)
11:00am〜8:00pm

百花繚乱茶会百花繚乱茶会2



凛(りん) 三人展 atギャラリー雲母(きらら) 三重県四日市市

なんだか物騒な話が毎日飛び交ってます。
新型コロナウイルスとかいうやつ。
見えない。新型で正体がわかんない。
治し方がわかんない。対処の仕方がわかんない。
ないない尽くしの上に被害に遭われてる方もいて強力。
そっりゃ、おっとろしいわいね!
(あ、感情に任せて金沢弁出ちゃった・・)

見えない恐怖には妄想するしかないわけで
生物兵器に違いない・・とか
スパイが盗み出したウイルスだ・・とか
都市伝説的なのも色々回ってるようですね。
ま、信じるも信じないも自分自身なんだけども。

「正しく怖がる」なんて言葉が東北の震災の後からよく聞きます。
放射能について色々情報が出るたびに。
きちんと情報を得てそれに対処する。
わかりますけど、わかりますけどもぉ
正しいって言ってる情報があっちとこっちで180度逆ってことが
よくあって「正しいってなんだ・・?」
って哲学の道に放り込まれたりするんすよね。
「これが正義だ!」ていう言い分が喧嘩になって
挙げ句の果てに戦争になっちゃったというのは
古今東西ほぼ全ての争いに繋がってるんだと思うんですけど
「正しいってなんだ?」問題を正しく定義してください。誰か。

さて、これはいつもの通り展示の告知なのですが
展示のタイトルが「凛(りん)」
「凛とした佇まい」なんて言いますが、
「凛」とは「寒さが厳しい」っていう意味なんですね。
そこから「心が引き締まるさま」「恐れ慎む(慎重に、控えめになる)さま」
ということになるんだとか。
なんだか無理やりですが世の中が厳しい、正しいがわからないって状況の時こそ
心を引き締めて慎重に、控えめに恐れ慎むって姿勢でいかなきゃなんないもんだよなぁ・・
なんて思ってしまいました。
情報は必要ですよ。その上の「凛」

もちろん展示は作品のたたずまいの「凛」
卵殻の泉健太郎氏
漆文の瀬尾誠氏
そして僕。
瀬尾氏とはシンビズムの木曽会場の展示でもご一緒でした。
前回は美術で、今回は工芸でご一緒させていただきます。

2月15日〜3月1日(月曜定休)
ギャラリー雲母(きらら)
三重県四日市市文化会館前

16日は在廊いたします。
凛1凛2





プロフィール

角居康宏

Author:角居康宏
モノを作るのが好きです。
モノを作ることによって
人と関わるのが好きです。

誠実に作ったものは
人の心を動かすと思っています。
美術は人に
熱を与えうると思っています。

僕が、たくさんの作品に
心動かされたように、
僕の作ったもので
誰かの力になれたら。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR