FC2ブログ

アムチ(チベット医)

今年の春、チベット医と友人になった。
彼の名は小川康(おがわやすし)
2001年5月、メンツィカン(チベット医学暦法学大学)に
チベット圏以外の外国人としては初めて合格し、2007年卒業。
ホンモノである。
いや、ニセモノとかあるんかって聞かれると答えに窮するんだけども。
僕の大学の同級生が彼の小・中学校の同級生だったというご縁でした。

春に友人になったのに、今頃の報告である。
なんかちょっと大きな出来事なのである。僕にとって。
日頃の慌てた生活の中でブログに書くことではない気がして
寝かせておいたという状況。

介してくれた友人曰く、
「すみちゃんと小川くんは絶対気があうと思う。」
とのことだったが、会ったその日にカフェで長話、
次の日、彼が我が家に来て追加の長話。
話すネタの尽きることがない。
きっとこれから長い付き合いになっていくのだろうと思う。

彼が書いた本がこれまた面白い。
これは豊かで深いチベットの文化を伝える本でもあるし、
医というものの原型を伝える本でもあるし
自分自身に重い葛藤を抱えたロードムービー的青春記でもある。

小川くんに「これどう生きていいか迷ってる若い子に読ませたいよね」
って言ったら「そうなんだよ、教科書になんないかと思ってるんだけど。」
って笑ってた。
ならないと思います(笑)

これから・・・彼が伝えるべきことは山ほどある気がするし、
逆に社会が彼を必要とすることはもっと沢山あると思う。
彼とつながることで僕自身はどんな景色が見えてくるのか・・・
とても楽しみなのです。

小川康

5月に長野県佐久で行われたTEDxSakuでの彼の講演。
しょっぱなのチベット医学教典の暗誦からドギモに抜かれます。
当日、直前に僕が送ったメールで講演内容を変えたとか。
話術も度胸も満点なのです。


続きを読む

うれしい。

いやぁ、あったかくなってきましたなー。
ゴールデンなウイークも終わっちまいまして
しゃーねーなー、仕事でもすっかってなもんですな。
あれ?ゴールデンウイークずっと仕事してたぞ?たしか。
ま、いっか。いろんな人に会って楽しかったし。

うれしいことがありました。とっても。

今思っている以上に後になって意味を持つ事柄ってあるじゃないですか。
きっとそういう経験になりそうなこと。

友人夫妻の息子・・といっても年齢で友人を区別する訳ではないので
その彼自身のことも友人と思っているのですが・・・。

その彼が僕のコップを買ってくれました。
そんだけのことなんです。

例えば、その息子が20歳でした。ってならなんの違和感も無い。
ハイありがとうございます。で終了ですわね。
がんばってバイトしたお金で安くもない僕の器買ってくれるなんてアリガトね
って思いますけどね。心から。

彼は8歳。
僕のコップは安いものでも5,000円以下のものは無いのです。
8歳の頃って1,000円どころか100円使うのも勇気いりませんでした?
おかし欲しいけど我慢したりして。

人のお財布を詮索するのは気持ちのよいものではないのですが、
潤沢にお金を使っていいという育てられかたをしている訳ではない。
それは絶対に自信もって言える。
親の姿を見ればそれははっきりわかる。
ただ、ちゃんと人の手の入った気持ちのこもったものを
きちんと使いこなす家族ではあります。

彼が僕のコップを買うとき両親はそばにいました。
彼の財布からお母さんがお金を出して
「これだけかかるんだよ?いい?」
と確認していました。
「欲しいって言ってた◯◯買える金額だよ。それ。」
ってお父さんも確認してた。
でも彼は凛とした顔で「うん」って言った。
これが欲しいという気持ちに揺らぎが無かった。

うれしいじゃないですか。
8歳の純粋な心意気を僕は受け取った訳ですよ。

彼が大きくなっても僕は一線で仕事し続けますよ。
今からもっと進化し続けますよ。
どんどんいいもの作り続けますよ。
それだけの決意をさせる出来事のような気がしてます。

ありがとうございました。

すぐに役立つ!鳩の逃がし方講座

我が家はこんなカタチをしています。

建物外観

こういうカタチの建物にはよくありがちな悩み、ありますよねー。

そう!ダクトに鳩が入り込む!
え?
おたくも?
よく入り込んで困る?
そうでしょうそうでしょう。

そんなあなたのために鳩の逃がし方講座ですよ!

まずはダクトの蓋を外す前に大きなビニール袋を
取り付けましょう。

作戦

この場合、鳩は警戒しているのですぐには飛び出してきません。
懐中電灯などで中を確認してみましょう。
戦う前には敵を知らねばなりませんよ。

つがい

え?つがいですね。ちょっとコレは予想外でした。
難易度高いですね。
ここはまあ歓楽街の真ん中ですからね。
ラブホテルと間違えちゃったですかね(笑)
きれいに掃除してなくてゴメンなさいね。(大笑)

ビニール袋を裏返す様にして鳩をむんずと袋ごしにつかまえるんですが
この様子は写真に撮れませんね。あしからず。
ん?なんでって?
ビニール袋ごしに一羽つかまえるでしょ?
それを左手で押さえとく訳です。目を隠すと暴れないですからね。
ここが勘所!
そんで、右手ではもう一羽をつかまえる訳ですよ。
どうやってカメラ持ちますか?ムリでしょ?ほら、写真撮れない。ゴメンね♡

でもね、せっかくこうやって講座を聞きに来てくれた皆さんの為に
撮っといてあげたいと思うじゃないですか?
いざ、自分が鳩を逃がそうと思った時に写真のイメージが
あるのとないのではずいぶん違いますからね。

でもね、片手離すとね、こんなふうに部屋の中に鳩が逃げちゃうから
やめときましょうね(笑)

一羽逃げた


ちょっと焦りますけど後の事は後の自分に任せましょう。
って自分でやるんだけどね。あたりまえだけど。
とりあえず一羽だけでも捕獲しましょう。

こんな感じですね。
捕獲

わかりますか?目つき悪そうですね。
悪い鳩なんでしょうか?
とっても困ってるだけのような気もしますね。

こういう建物にはよくありがちですが大体3階部分にベランダがありますので、
そこから逃がしましょうね。
シルクハットなどお持ちの方は一旦そちらに鳩を入れてから
逃がすとマジシャンになったようで気分がいいかもしれません。
逃げた後には「テジナーニャ」の一言を忘れずに!

袋から出る

さて、部屋の中を暴れてる鳩、どうしましょうね。
まずは前の日から仕込んどいたカレーなどありましたら
蓋をしてちょっとよけておきましょうね。
鳩カレーになってしまいますからね。
え?それでもいい?
う〜ん、それでもその場合は羽根むしったりしてからにしましょうね。
食感悪くなっちゃいますから。


窓がありましたら全開にして・・・あっ

逃げちゃいましたね。鳩もバカじゃないってことですね。

逃げた窓

さすがに飛んでゆく鳩に気付いてカメラをかまえても遅いですわな。

それでもかけ声くらいはかけておきますか。
ハイ皆さんご一緒に。「テジナーニャ!!!」

早いもので息子が大学生。

・・・・・・・・・・
大学生ったらあーた、あたしだってついこの間のことじゃないすか。
ありありと思い出せる記憶の年齢に息子が入ってきちゃったすなー。




受験のとき、美大ですからデッサンと水彩が受験科目でした。
水彩ではモチーフに入っていたリンゴが2㎝ほど浮いて見えてどもならんもんだから
必死な思いで影を落ち着かせたりまわりを描き込んだり・・
結局最後までリンゴは浮遊したまんまだったすな。
もう気分は絶体絶命・・・ドヨーンとブルー・・・
必死なもんだから周りが見えておりません。
人の迷惑顧みず画面から離れて見たり角度を変えて横から見てみたり・・・
そんな僕を「落ち着かん男やなー」とひじょーに迷惑に思って見ていた女性がおりました。

幸い彼女も僕も美大に受かり、入学式では近くの席に。
こちとら絶体絶命、阿鼻叫喚からの起死回生。
破顔一笑、狂喜乱舞のうかれまくりである。
そんな僕をやはり彼女は「落ち着かん男やなー」と迷惑に思って見ていたのでした。

彼女は金沢名鉄エムザにてクラフトショップ“クラフトA”を営み、
僕は金工作家として取り扱って頂いて、仕事上でもずっと繋がりは続いている。

この度、彼女の次男とうちの長男が同じ大学に行く事となり、
あれから26年経ってまた一緒の入学式に出ているのである。
なんだ?この茶番。(笑)


入学式が始まる直前、
息子が「父ちゃん、ここは父ちゃんが張り切って目立つとこじゃないからな!」
と釘を刺して自分の席に向かって行った。
自分の息子にも「落ち着かん男やなー」と迷惑に思われているのである。



桜

春やからな。許せ。

再会

23年ぶりに親友にあった。
親友と勝手に思ってはいるが、わずか3~4年程の付き合いだ。
学生時代、彼はアメリカに留学し、そのまま帰ってこなくなった。
僕の浪人時代、デッサンを習いにいった研究所で出会い、
わずかな時間ながら、濃密に過ごしたのだと思う。

駅で彼を待つ間、「生き別れた兄弟を待つ心境」みたいやなー
と思ってちょっと苦笑した。
もう打ち切りになったが、中国残留孤児の対面を少し思い出した。

実際の再会はそんなでもなかった。
泣いて抱きしめあう程ではなかった。
・・・きっと僕はどこかで会える気がしていたのだ。

話の種は尽きなかった。家族の事、仕事の事、来し方、生き方、考え方。
「一番腹を割って話せる友人はすみちゃんだったが、久しぶりに会っても
何の抵抗もなく腹を割って話せるもんだな」と言ってくれた。

僕は多分どこかで会える気がしていたが
彼は「こうやって会えるとは思っていなかった」と言った。

一人称が「ワシ」から「ワタシ」に変わっていた。
酒が飲めなくなっていた。

きっと幸せなことがあった。
きっと辛い事もあった。


それでいいじゃないか。と思った。
それが生きてる事なんだなって思った。
彼は様々な経験を通り越えて、「よかったと思うよ」と言った。


再会を誓った。
帰国するたびに寄ってくれる約束をした。
親友との物語が再び動き始めたのだとそんなふうに思った。

森田

夜明け頃、一緒に行った善光寺の境内にて。
プロフィール

角居康宏

Author:角居康宏
モノを作るのが好きです。
モノを作ることによって
人と関わるのが好きです。

誠実に作ったものは
人の心を動かすと思っています。
美術は人に
熱を与えうると思っています。

僕が、たくさんの作品に
心動かされたように、
僕の作ったもので
誰かの力になれたら。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR