FC2ブログ

3.11

あの日から一年経ちました。

たくさんの人がなくなり、家族を失い、家を失い、汚染の恐怖にさらされました。
そんななか、僕自身はあらたに東北の人たちと繋がることができ、想いを共有できる幸運に恵まれました。

いろんなデータがあります。
全倒壊○戸、死者○人、行方不明者○人・・・。
データは必要です。それによってわかることも沢山ある。
でも僕たちに必要なのはその一人一人に想いを寄せれるか。ではないでしょうか。
亡くなった一人一人に家族があり、喜びがあり、笑いがあった。
そして今、残された被災者に虚無感、喪失感、悲しみ、寂しさがある。
そこに心を添わせることができるか。
何千人、何万人だから悲しいのではなく、悲しいことが起こったから悲しいのだということ。
この一年間で、たくさんの東北の人たちとつながれたおかげで、
なくなった一人一人の顔が思い浮かばないまでも、そこに生活をしていたということに
意識を寄せることはできたように思います。

今日の14時46分、善光寺へ言って手を合わせてきました。
本堂を埋め尽くすたくさんの人達と一緒に。
想いが届きますように。
どうか安らかに。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 雑記
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

角居康宏

Author:角居康宏
モノを作るのが好きです。
モノを作ることによって
人と関わるのが好きです。

誠実に作ったものは
人の心を動かすと思っています。
美術は人に
熱を与えうると思っています。

僕が、たくさんの作品に
心動かされたように、
僕の作ったもので
誰かの力になれたら。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR