SUPERJAZZ in NAGANO

いやぁ、濃厚な週末を送ってしまいました。
楽しかったなあ、サイコーだった。シアワセ!

どう言っていいんだろう?
誠実に、真正面から生に向き合っている強さ。
それゆえの優しさ。
三人が三人ともそれがにじみ出ている人柄なのでした。

SUPERJAZZ in NAGANO
山下洋輔、坂田明、林英哲

このために結成されたトリオ。
どうですか。この名前の並び見ただけでワクワクしませんか。

なんと運の良いことに前夜祭から参加させていただくことになり、
これまたなんと山下さん、坂田さんの間の席に。
これまた話題の豊富な方々だもんだから
次から次から楽しい話が・・
まぁ、大爆笑の渦のど真ん中で酒を飲むという
なんともはや贅沢な飲み会でございました。

さてコンサート、
しょっぱなの曲から英哲さんの息をつかせぬ乱打、
坂田さんの空気を切り裂く血しぶきが上がるようなサックス。
直接心臓を鷲掴みされているような感覚
両手を握りしめ、身震いがずっとおさまらない。
なんだこれ。

二曲めから御大、山下さん登場
英哲さんに劣らない激しい連打、肘。
かと思うとメロディアスなバラード。

三人合わせて200歳超えだそうな。
最年少の英哲さんでも還暦オーバー(驚)
トークでも「最年少だから肉体労働しなきゃなんない(笑)」
って言ってたけど後で個別にあった時、
両腕にアイシングしながら
「お二人優しいから好き勝手にやらせてくれるんだけどさ。
それ案外しんどいんだよね」って笑ってました。

激しさもあり、メローもあり、
三人三様のユーモアで笑いの絶えないトークあり
お互いの突き抜けた力量の絶対的信頼感。
そのゆるがなさゆえの強さ、優しさ、ユーモア。
お一人お一人と話していても素晴らしく優しい語り口
人としての力をまざまざと感じました。

お酒の席で坂田さんが
「人間として死にたいんだよね。音楽もミジンコも『やってる』ってだけで。
最終到達点は『人間』」っておっしゃってたのが耳から離れません。
珠玉の言葉たちは今後、ふとした瞬間に反芻するに違いないと思っています。

写真は長野駅でお見送りした時のもの。
英哲さんは違う時間での移動となりましたので
写真撮れませんでしたが
ホント、夢のような時間でした。

ありがとうございました。

山下洋輔氏坂田明氏と 2016superjazz.jpg 

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

角居康宏

Author:角居康宏
モノを作るのが好きです。
モノを作ることによって
人と関わるのが好きです。

誠実に作ったものは
人の心を動かすと思っています。
美術は人に
熱を与えうると思っています。

僕が、たくさんの作品に
心動かされたように、
僕の作ったもので
誰かの力になれたら。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR