一年越しの宿題

雪が降りました。長野にも。
東京大騒ぎでしたね。そういや。
実はその間、ノーマルタイヤで金沢に出かけていて
長野に帰れるかひじょーに不安でした。
しかし帰る頃には雪も融けていて無事到着。
ありがとう!神様!
いやぁ、なんか守られてる感じします。
どピンチの時も何かしら救われるんですよね。ホント。
ありがたやありがたや。

金沢では幾つか用事が重なっていたのですが、
中でも1年以上引きずっているこの仕事は
申し訳ないやら心苦しいやらで
ようやく完了できたことホッと胸をなでおろしています。

昨年9月、手すりを取り付けに行ったこと、
このブログでも書きました。(「手すり」参照)
絵を描いたピースが宿題になってることも。
その宿題が1年越しでようやく納めることができたのです。
ホント、辛抱強い施主様でありがたいです。
怒るでもなく、ご家族全員で仕上がりに喜んでいただき
とても幸せな仕事となりました。
僕自身も初めての質の仕事でうまくいくといいなと思っておりましたが
自分の思い以上に良くできたかなと思っています。

手すり絵2 手すり絵4 手すり絵3 

タガネという道具、版画で使う彫刻刀の金属版ですが
彫刻刀のようにただ押しただけでは金属の表面にうっすら傷がつくだけなので
オタフクという彫金用の金槌で叩いて掘り進めていきます。
1ミリ進むのに3回くらい叩くかしら?
お子さんが描いた絵をサイズ合わせして複写し、
その線に沿って掘り進めていきます。

この絵を彫り込んだ全体像がこちら。
手すり全体1 

昨年製作した分はずいぶん色も変わってまいりました。
今回取り付けた分もだんだんと馴染んでいくでしょう。
今は色が新しい分、そこだけが絵画作品となっている感じがします。

・・・ところで・・・
お恥ずかしいことですが手すりだけじゃなかったんです。
表札と玄関のドアノブのカバーも宿題になっておりました。

ドアノブのカバー?なんだそれ??
と思われると思いますが、
玄関ドア自体が丸ノミではつった質感となっており、
既製品ではどうも釣り合いが取れないということが悩みだった様です。
前回手すり取り付けの際に寸法を測り、それに合わせての製作。
しかしやはり現物がないというのは不安なものです。
ガタつきがないことを考えると
内寸が実物プラス0.5ミリくらいで収めなきゃと思っておりましたが
念が通じた様ですね。現場で20分ほどヤスリで調整するくらいで
ピッタリ収まりました。

ドアノブカバー取付前 
このハンドルが・・・

こんな感じに。
真鍮板に叩き目のテクスチャーをつけ、
物質感が強く出る様にしました。
ドアノブカバー取付後  


表札は字も僕が書いたものをということでした。
金属を加工するよりずっとハードル高いですね。
画数の少ない名前なので非常にバランスが取りにくい難しい字でした。
載せても良いという許可をいただきましたので
ここに公開させていただきます。

九谷邸表札 

取り付け終わって撮影する頃には暗かったので
ピントが合ってなかったですかね。色もきちんと出てません。しまった。

材質は板厚2ミリの銅のプレートをベースに
板厚1ミリの真鍮板を文字の形に切り抜き、ろう付け。
深めの緑青に着色して文字部だけ研磨。
いろいろと手も込んでおります。
ご家族で仕上がりに喜んでいただいたようですが、旦那さんが
「色もいいが、控えめな面白い字体でおしゃれ」って言ってくれたそうで
報われた感じがしてとても嬉しゅうございました。

表札、ドアノブは統一感取れてるかしら?
素敵な玄関だと僕は思っておりますが。

九谷邸玄関 

暗いからわかりにくっ!

仕事ってもちろんご飯を食べる為にやるものですが
自分のやったことが誰かの喜びになるというのが
次の仕事への大きな推進力になってくれますね。

喜びの向こう側に仕事がある、仕事が喜びをもたらしてくれる。
そういう風にいいループに繋げていけること、幸せに感じています。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

角居康宏

Author:角居康宏
モノを作るのが好きです。
モノを作ることによって
人と関わるのが好きです。

誠実に作ったものは
人の心を動かすと思っています。
美術は人に
熱を与えうると思っています。

僕が、たくさんの作品に
心動かされたように、
僕の作ったもので
誰かの力になれたら。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR