FC2ブログ

金工・角居康宏展 於:名古屋・アートサロン光玄

伊勢丹の展示もなかなか盛況なようで、お越しの皆様誠にありがとうございます。
何しろ現地に行かれないもんだからいろいろご迷惑をおかけしているとは思いますが・・・
「KAYARISM」の方は日程の半分行っておりません。
「涼を感じるクラフト展」は2週間以上あります。
まだの方よろしくお願い致します。

展示が二つもあるのに店頭に行かないなんて何事じゃっ!
って言われそうですが、ずっとこもって制作しております。

なぜかと言うと
今年上半期の本丸はこちら。

金工・角居康宏展
アートサロン光玄(名古屋市昭和区)
6月18日〜26日


もうホントにスタート出来るのか怖かった。っつか今も怖い。
日程もタイト(仕事入れちゃう自分が悪いんだけどね)
松本、池上邸での展示準備から気の休まる瞬間がないですね。
かれこれもうひと月以上。夜中まで制作、ちょっと休んで早朝から制作ってな毎日です。
ここでの個展は2回目なので新作を充実させなきゃやった意味がない。
新作は定番ほど時間がよめる仕事ができない。
ひねり出せるのか?おれ!ってな具合。

たくさん悩んでひからびた脳味噌振り絞ったおかげで、新作たくさんできておりますよ。
そして新しい試みも!
銅のマグカップ作ったおかげでなんだか銅合金の扱いも前より上手なようです。
でもそれじゃなくて、今回は錫に着色しているのがありますよ。
着色ったってペンキ塗るのと違いますからね。
金属自身の腐食色を利用して加飾していくんです。
錫の着色をあまり見たことがないので手探りですが
いくつか面白い変化が見れました。キレイと思います。
間違いなく今後に繋がっていく仕事になります。
楽しみだなあ。

光玄 個展DM表 

写真のアイテムは経筒(きょうづつ)
その昔、世に末法思想(釈迦の教えが正しく伝わらず,人も世も乱れるとした思想)
が広がり、各地に経塚(きょうづか)が建てられ、そこで土中に納められた教典を納めた筒。
鎌倉仏教勃興前夜の乱世と今の時代が僕の中で重なりました。
写真のものは銅、真鍮、錫と三つの素材が使われています。
フタが着色した錫です。わかりにくいでしょ?ギャラリーでぜひ。

光玄 個展DM裏 

こちらは期間中在廊致します。お待ちしております。







関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

角居康宏

Author:角居康宏
モノを作るのが好きです。
モノを作ることによって
人と関わるのが好きです。

誠実に作ったものは
人の心を動かすと思っています。
美術は人に
熱を与えうると思っています。

僕が、たくさんの作品に
心動かされたように、
僕の作ったもので
誰かの力になれたら。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR