素材変われば。

3月も半ば、春も近づいてきているのはよくわかっているつもりですが、
ここんとこ寒い日が続きます。
啓蟄も過ぎ、「もう春だかんな!』っつって
フライング気味に出てきた虫達もこの寒さに慌ててるんではないでしょうかねえ。

僕は今モノづくりの世界になんとかかじりついていて、
例えば錫の鍛金で器を作って皆さんに買っていただいて
生活しているということなんですけれども
そもそもはフライング気味のスタートでした。
というのも、学生時代、学校では鋳金を学んでおり、
鍛金なんて「やってるの見たことあるー」程度だったんです。
やったこともないのに「錫の鍛金で茶托作れますか?」
って言う注文に
「できますよー!」なんてハッタリをかまして
うけちゃったことがきっかけなもんだから、
それからが大変でした。
道具作り出して血眼になって資料探して
いくつも失敗して・・・

キャリアのスタートがそんなだもんだから、やったことのない仕事に対しても
「誰か出来てる人がいるんだから自分に出来ない道理はないわなぁ」
と思って引き受けてしまうんです。
いわば、ハッタリとフライングと勘違いで仕事が広がり、
それが自分を成長させてくれているとつくづく感じております。

さて、工芸の世界、美術の世界、モノづくりの世界と言っても
多種多様な素材、作り方、アプローチがあります。
金属の世界だけとっても、素材が変われば製法が全然変わるということがあります。
堅さが違う、溶接性が違う、食器に対する適正が違う。
そうすると作り方も自ずと変えなきゃならない。

今回、仲良しの魔法使い、出雲のシゲちゃんから
銅のカップ作ってとの依頼があり、制作いたしました。
シゲちゃんにはハッタリをかませる必要はありません。
こちらが出来ると出来ないとにかかわらず豊かな世界観を伝えてくれるから。
するすると引きづりこまれちゃうんですよね。
ハッタリかまさないけれども、勘違いとフライングが最初から約束されるっていう・・・


錫の場合は溶接性がよく、側板と底板は別で作ればいいのだけれど、
銅はその焼き鈍し性と展延性の高さにより、
深絞りという方法をとった方が出来がいい。
・・で、やってみましたよ。
なんだか悪くないみたい・・・っていうか好き。
いろいろと自身を成長させてくれる仕事となりました。
シゲちゃん,イギリスで使うっていうから
把手はむしろ和風。土瓶や鉄瓶と同じ作り方で作ってみましたよ。
これも悪くないんじゃな〜い。

さあ、イギリスではこのカップがどんな出会いや勘違いをもたらしてくれるか。
土産話が楽しみ!!
銅カップ

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

角居康宏

Author:角居康宏
モノを作るのが好きです。
モノを作ることによって
人と関わるのが好きです。

誠実に作ったものは
人の心を動かすと思っています。
美術は人に
熱を与えうると思っています。

僕が、たくさんの作品に
心動かされたように、
僕の作ったもので
誰かの力になれたら。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR