生きてる方に賭けを打つ

びっくりした。
こんなにわかりやすくスーッと入ってくる言葉を語る
お坊さんの話をはじめて聞いた気がします。

仏教に興味が無い訳ではないのです。
というか宗教そのもの、宗教を生み出す人間の心
そしてその生み出した宗教をすがる人間の心の入れ子構造が
僕の興味の中心であると言っても過言ではありません。
それを自分なりの具現化ということで制作をしているのです。

仏教に僕の知りたいことが隠されているだろうということは
何となく感じているのです。
成り行きとは言え善光寺の門前に暮らすことになった運命に
不思議さを感じてもいるのです。
それで何かにつけ善光寺さんに参拝もするのです。

ただ仏教の言葉を前提に引用して語られる話に
心を動かされることは少なく、
むしろ外から仏教を研究している人の言葉に惹かれました。
一昨年ブログに書いた方便は親鸞を研究した
東大教授の安冨歩氏の研究成果だし、
その他にも最近読んだ本で非常に面白かった
つぎはぎ仏教入門』を著した呉智英氏は
自身を仏教徒ではないと冒頭でことわっています。

恐山院代、南直哉(みなみじきさい)師の話は
仏教そのものに力点を置かず、
人生の葛藤にどれだけ仏教が寄り添えるかという立ち位置で
話していて非常に興味深いのでした。
宗教はたくさんあるけれど僕が感じていることでいえば
宗教とはその文化のなかでどうやって『死』を相対化するか
ということが大きな役割の一つと考えているのですが、
南直哉師はスパッと喝破してくれていて心地よいのです。

「生きてる方に賭けを打つ」
僕の他にもこれに響いてくれる人がいるといいななんて思いました。







関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

角居康宏

Author:角居康宏
モノを作るのが好きです。
モノを作ることによって
人と関わるのが好きです。

誠実に作ったものは
人の心を動かすと思っています。
美術は人に
熱を与えうると思っています。

僕が、たくさんの作品に
心動かされたように、
僕の作ったもので
誰かの力になれたら。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR