FC2ブログ

冬のおくりもの展 at山小路

前回の更新からまたしばらく空いちゃいましたね。

なんでしょう?
この時間の過ぎるスピードが早い感じ。
昔の人はよく言ったものですね。

「光陰矢の如し」と

・・え、どういう意味かって?
・・ん・・あ・・・・え?

光陰の意味くらい教えろ??
・・や・・
ほら、あなたもお持ちじゃないですか?
大体仕事するデスクの引出しの奥の方にこうクチャクチャッとなって・・
「あ、いっけなーい。こんなとこに光陰入れっぱなしになってたー」
なんてね。
あと、ほら
「たかし!!先月提出するはずの光陰忘れてるじゃないの!
先生に叱られるわよ!!」なんて会話もよくご家庭で話されますよね。


えーとえーと。
はい、すみませんでした。
こんな意味だそうです。

月日の過ぎるのは、矢が飛んで行くようにはやいというたとえ。
光は日、陰は月のことで、光陰は歳月、時間の意味。
月日はすぐに過ぎ去ってしまい戻ってはこないという意があり、
日々を無為に送ってはならないという戒めを含む。


え?無為ってなんだ?
うーんと・・
やめときましょう。もう猿芝居は。

そんなわけで光陰が矢の如く飛んでいって
もう年末に近づいております。

年末といえば、クリスマス、大晦日から年越しと
ビッグイベント目白押しですね。
そんなあれこれにぴったりの展示、いたしますよ。

場所は長野県 坂城町。
国道18号の中之条の信号を山手方面に曲がって
100mほどかしら?
カフェギャラリー山小路

もう10年近くお付き合いさせて頂いてるのではないかしら?
オーナーのれいこさんはいつだって気持ちのいい笑顔で
おいしいご飯やホッとする飲み物で迎えてくれます。
時間の流れ方違う気がするんだよなぁ。
あそこだけは光陰もゆっくり進んでいるに違いない!
皆さんもぜひそのゆったりした時間味わいにいってくださいまし!

3週間のロングランです。
途中展示物が変わったり増えたりすることもあると思います。
ちょっと疲れて一息つきたいとき。
カリカリしてて目が吊り上がってきたなって感じる時。
ぜひ行ってゆったりとお茶タイムしてみてくださいね。

そうそう、DMのこの錫製ツリー、
ちょっとした仕掛けがあります。
行ってみて確認してちょ!

冬のおくりもの展 写真面127
冬のおくりもの展 切手面126



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

角居康宏

Author:角居康宏
モノを作るのが好きです。
モノを作ることによって
人と関わるのが好きです。

誠実に作ったものは
人の心を動かすと思っています。
美術は人に
熱を与えうると思っています。

僕が、たくさんの作品に
心動かされたように、
僕の作ったもので
誰かの力になれたら。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR