FC2ブログ

特別講義

あくまでも個人的な感覚という前置きをしておいてなのですが、
多治見、土岐をはじめとする東濃地方という場所は陶芸の産地として
ものすごく活気があるところのように感じます。
素材の事を真摯に考え、様々な技法を探り、
面白い作品を生み出す若手がたくさんいるなぁって感じていました。
あ、偉そうにスミマセン。陶芸家でもないのに・・。

そのなかでもISHOKENー多治見市陶磁器意匠研究所
の果たした役は大きいんではないでしょか。
卒業生には今をときめく陶芸家がたくさんいます。

そんなすってきな場所に、特別講師として呼んで頂きました。
ヤスヒロカンゲキ!!
フリーで制作で生活をしていて、
器も作れば立体作品も作るという節操のなさ(笑)に
目を留めて頂いたようです。
2時間!!という長めの枠をとって頂き、
事前の準備不足も幸い??して
脈絡もなく、あっちゃこっちゃ話が飛びながらも
気付くと2時間以上話しておりました。

いや、自分でもエッラそうに!とか思ってるんですけどね。
でもそういう役回りになってきたのかもしれません。
いつまでも若くはないし・・・・。
若いつもりだけど腹回りは弛んでくるし、老眼はひどくなるし・・
あ、愚痴言うとこじゃなかった・・。

皆さん熱心に聞いてくれて感激でした。
学生の皆さんありがとう。
コーディネートしてくれた意匠研の皆様ありがとう。

多治見意匠研 講義

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

角居康宏

Author:角居康宏
モノを作るのが好きです。
モノを作ることによって
人と関わるのが好きです。

誠実に作ったものは
人の心を動かすと思っています。
美術は人に
熱を与えうると思っています。

僕が、たくさんの作品に
心動かされたように、
僕の作ったもので
誰かの力になれたら。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR