FC2ブログ

死が似合わない人

10月28日、赤瀬川原平さんが亡くなった。・・・らしい。
なんかいまだ現実感がなくて喪失感を味わうこともない。
しかし、今の僕を形成する僕のヒーローの一人だ。
なんだろう?認めてないのかな?赤瀬川さんの死を。
死というものが全然似合わないんだもん。

僕にとっては世界の見方を教えてくれた人の様に思っている。
それほど興味のある事柄についてのおもしろがり方が秀逸なのだ。
そして興味を持つ対象が粋なのである。
ハイレッドセンター、ネオダダイズムオルガナイザーズ
梱包、千円札、裁判、桜画報、トマソンから始まる考現学、路上観察学会、
新解さん、内田百閒、宮武外骨、クラシックカメラ、印象派・・

物事を相対化させること、そしてその相対させるものの軸のとりかた。
常に真面目で、真面目の軸がナナメ。

あ〜あ、もういないのかぁ。
いないってだけで死んではいないんじゃない?
だって死というものが全然似合わないんだもん。
いないのは似合うけど。
なんかなぁ・・・。

またいろいろ読んでみるかな。
とりあえず芥川賞受賞作品からいってみますか。
赤瀬川


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

角居康宏

Author:角居康宏
モノを作るのが好きです。
モノを作ることによって
人と関わるのが好きです。

誠実に作ったものは
人の心を動かすと思っています。
美術は人に
熱を与えうると思っています。

僕が、たくさんの作品に
心動かされたように、
僕の作ったもので
誰かの力になれたら。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR