FC2ブログ

ヒロシマ賞 トロフィー

7月、広島市にてヒロシマ賞の授賞式が行われた。

ヒロシマ賞とは世界に平和の必要性をアピールし続けた美術作家に
3年に一回広島市から授与される賞。

今年受賞されたのはコロンビアの女性作家、ドリス・サルセド
政治的暴力をテーマとして制作を続けておられる作家。
政治的暴力とはコロンビアの国内でのことであろうが、それは世界にもつながり、
困ったことではあるが普遍性をもち、日本国内にも通ずる。
まさに今の日本の政治の混迷を表しているかの様でもある。

前々回の受賞者から、贈られるトロフィーを鯉江良二氏が制作することとなり、
アルミニウムでの実制作をさせて頂いた。

前々回(2008年)の受賞者は 蔡 國強

前回(2011年)の受賞者は オノヨーコ

そして、今回(2014年)のドリス・サルセド

鯉江さん制作ではあるが、実制作者として僕の名前も併記させて頂いた。
身の引き締まる思いである。

しかし、平和を希求し続ける世というより平和であり続けるということの
いかに難しいことかと歴代受賞者の作品を顧みて思う。

ヒロシマ賞 トロフィー1
ヒロシマ賞 トロフィー2
ヒロシマ賞 トロフィー3
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

角居康宏

Author:角居康宏
モノを作るのが好きです。
モノを作ることによって
人と関わるのが好きです。

誠実に作ったものは
人の心を動かすと思っています。
美術は人に
熱を与えうると思っています。

僕が、たくさんの作品に
心動かされたように、
僕の作ったもので
誰かの力になれたら。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR