FC2ブログ

うれしい。

いやぁ、あったかくなってきましたなー。
ゴールデンなウイークも終わっちまいまして
しゃーねーなー、仕事でもすっかってなもんですな。
あれ?ゴールデンウイークずっと仕事してたぞ?たしか。
ま、いっか。いろんな人に会って楽しかったし。

うれしいことがありました。とっても。

今思っている以上に後になって意味を持つ事柄ってあるじゃないですか。
きっとそういう経験になりそうなこと。

友人夫妻の息子・・といっても年齢で友人を区別する訳ではないので
その彼自身のことも友人と思っているのですが・・・。

その彼が僕のコップを買ってくれました。
そんだけのことなんです。

例えば、その息子が20歳でした。ってならなんの違和感も無い。
ハイありがとうございます。で終了ですわね。
がんばってバイトしたお金で安くもない僕の器買ってくれるなんてアリガトね
って思いますけどね。心から。

彼は8歳。
僕のコップは安いものでも5,000円以下のものは無いのです。
8歳の頃って1,000円どころか100円使うのも勇気いりませんでした?
おかし欲しいけど我慢したりして。

人のお財布を詮索するのは気持ちのよいものではないのですが、
潤沢にお金を使っていいという育てられかたをしている訳ではない。
それは絶対に自信もって言える。
親の姿を見ればそれははっきりわかる。
ただ、ちゃんと人の手の入った気持ちのこもったものを
きちんと使いこなす家族ではあります。

彼が僕のコップを買うとき両親はそばにいました。
彼の財布からお母さんがお金を出して
「これだけかかるんだよ?いい?」
と確認していました。
「欲しいって言ってた◯◯買える金額だよ。それ。」
ってお父さんも確認してた。
でも彼は凛とした顔で「うん」って言った。
これが欲しいという気持ちに揺らぎが無かった。

うれしいじゃないですか。
8歳の純粋な心意気を僕は受け取った訳ですよ。

彼が大きくなっても僕は一線で仕事し続けますよ。
今からもっと進化し続けますよ。
どんどんいいもの作り続けますよ。
それだけの決意をさせる出来事のような気がしてます。

ありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

角居康宏

Author:角居康宏
モノを作るのが好きです。
モノを作ることによって
人と関わるのが好きです。

誠実に作ったものは
人の心を動かすと思っています。
美術は人に
熱を与えうると思っています。

僕が、たくさんの作品に
心動かされたように、
僕の作ったもので
誰かの力になれたら。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR