FC2ブログ

早いもので息子が大学生。

・・・・・・・・・・
大学生ったらあーた、あたしだってついこの間のことじゃないすか。
ありありと思い出せる記憶の年齢に息子が入ってきちゃったすなー。




受験のとき、美大ですからデッサンと水彩が受験科目でした。
水彩ではモチーフに入っていたリンゴが2㎝ほど浮いて見えてどもならんもんだから
必死な思いで影を落ち着かせたりまわりを描き込んだり・・
結局最後までリンゴは浮遊したまんまだったすな。
もう気分は絶体絶命・・・ドヨーンとブルー・・・
必死なもんだから周りが見えておりません。
人の迷惑顧みず画面から離れて見たり角度を変えて横から見てみたり・・・
そんな僕を「落ち着かん男やなー」とひじょーに迷惑に思って見ていた女性がおりました。

幸い彼女も僕も美大に受かり、入学式では近くの席に。
こちとら絶体絶命、阿鼻叫喚からの起死回生。
破顔一笑、狂喜乱舞のうかれまくりである。
そんな僕をやはり彼女は「落ち着かん男やなー」と迷惑に思って見ていたのでした。

彼女は金沢名鉄エムザにてクラフトショップ“クラフトA”を営み、
僕は金工作家として取り扱って頂いて、仕事上でもずっと繋がりは続いている。

この度、彼女の次男とうちの長男が同じ大学に行く事となり、
あれから26年経ってまた一緒の入学式に出ているのである。
なんだ?この茶番。(笑)


入学式が始まる直前、
息子が「父ちゃん、ここは父ちゃんが張り切って目立つとこじゃないからな!」
と釘を刺して自分の席に向かって行った。
自分の息子にも「落ち着かん男やなー」と迷惑に思われているのである。



桜

春やからな。許せ。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

角居康宏

Author:角居康宏
モノを作るのが好きです。
モノを作ることによって
人と関わるのが好きです。

誠実に作ったものは
人の心を動かすと思っています。
美術は人に
熱を与えうると思っています。

僕が、たくさんの作品に
心動かされたように、
僕の作ったもので
誰かの力になれたら。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR