FC2ブログ

鴨居玲から

先日、信濃美術館での企画展
「ひろしま美術館コレクション〜印象派の巨匠達とピカソ〜」展
を見て来て以来、小さな絵画の一枚が頭から離れない。
いや正確に言うとその一枚を見たことで引き出されたその人の作品群が頭から離れない。
印象派の巨匠でもピカソでもなく、
母校の先輩にあたる人なのだが・・・。

鴨居玲(1928〜1985)

鴨居玲


学生時代に石川県立美術館で大きな回顧展があり、
それを見た衝撃を思い出した。

あのころ、美術なんてホントに何も知らなくて(今も知らないけど)
まわりには小さいころから美術の道をめざしていたヤツらがいて
その頃の僕から見ると才能にあふれた友人達がいて
ほんとに美術のなんたるか、何故作らねばならないか
自分はなにを作るのか、作りたいのか、まったくわからなくて・・・。

あの頃見た衝撃はもちろんその鴨居玲の絵の才能に対してということもあるが
その破滅へと向かう世界観ではなかっただろうか。

内側に孕む狂気、襲いかかる孤独、死への渇望、生き続けることの恐怖
そしてそれらすべてをどうしようもなく求めてしまう欲情に近い感覚

いまでこそなんとか言葉に多少は置き換えることができる。
その破滅へと向かう世界観にシンクロしてしまう自分の存在を肯定できる。
作るということが破滅へと導くこともあるのだと理解できる。
あのころはただモヤモヤしていた。
想いの吐き出し方がわからなくて、もどかしくて苦しかった。

今、自分の作るべき物が目の前にあり、作りたいものが少し前に見えている。
モヤモヤしていたものはあるエッジを持って形作られている。
僕の作るものは僕を破滅へとは導かないだろう。
しかしその世界を憧れてしまう抗いがたい欲望というものも実感できる。




YouTube: 鴨居 玲とKeith Jarrett_I Loves You, Porgy







関連記事
スポンサーサイト



テーマ : アート
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

donaさん、ありがとうございます。
そうなんですよね。破滅的に進んだ先にカタルシスがあります。
見ている方はそのカタルシスで救われるのだけれど
作り出す方は無限地獄の方へと突き進んでしまう。
この人は死の直前首をくくった絵と苦しむ自画像を描き続け
自殺しました。

あまりにもすごくてやられました。今、とりあえず、涙してます。
プロフィール

角居康宏

Author:角居康宏
モノを作るのが好きです。
モノを作ることによって
人と関わるのが好きです。

誠実に作ったものは
人の心を動かすと思っています。
美術は人に
熱を与えうると思っています。

僕が、たくさんの作品に
心動かされたように、
僕の作ったもので
誰かの力になれたら。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR