FC2ブログ

ミシャグジ様の次は

先日3月2日に諏訪に勉強に行ってきた。
昨年12月に信仰の古い形態を学んできたその続きである。
(12月10日投稿、「ミシャグジ様」
今回は建築と彫刻に特化して掘り下げていく企画。
諏訪は天下に名だたる建築、建築彫刻の宝庫だったのです。
現存する建築を追いかけて教念寺→八劔神社→甲立寺→足長神社→手長神社
前回同様、八剱神社、手長神社の宮坂清宮司の解説。

やはりこの方の話は猛烈に面白い。圧倒的な知識、美意識、郷土愛、信仰、話力。
ぐいぐい引きつけられてあっという間の4時間でした。

手長神社、足長神社の由来となっている手長、足長とは?
宮坂宮司の言葉を借りて言えば
「もともとの土地神、国つ神、荒ぶるもの、まつろわぬ者の一族。
ミシャグジ様同様、古来からの信仰」とのこと。
足長は足しか濡れないから足長の背中に手長が乗って、長い手で魚貝を採るのだそう。
古事記にも、枕草子にもその表記が出てくるそうで、
僕にとってはたまらなく魅力的な世界だったのでした。

諏訪立川流(建築の流派)の立川冨昌の彫刻より、
強烈な表現力、存在感。やはり、昔の方のしっかりした仕事は素晴らしいですね。

Isetan011

これは北杜市にあるもので、諏訪にはありません。残念。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 神社
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

角居康宏

Author:角居康宏
モノを作るのが好きです。
モノを作ることによって
人と関わるのが好きです。

誠実に作ったものは
人の心を動かすと思っています。
美術は人に
熱を与えうると思っています。

僕が、たくさんの作品に
心動かされたように、
僕の作ったもので
誰かの力になれたら。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR