知性

ご無沙汰しております。
見返して見たら大晦日から更新してなかった。
展示がないとこんなもんですか・・・すいません。
今しばらくオフシーズンです。こもっております。
この時期の蓄積が逆にハイシーズンで生きてくる気もしています。
ま、逆にいえばそれほどシーズンインすると展示が重なって
告知ばかりになってしまうということで
ありがたいことだなあと、日々感じております。
皆様に感謝。

先日調べ物をしていたらこのページを見つけてしまいました。
インターネット持仏堂
2003年スタートだから随分前なんですね。
ネットを介しての内田樹と釈撤宗の往復書簡。
内田樹が抱えている興味について仏教ではどう捉えるかを釈撤宗に尋ねる形なのですが、
この二人の深い知性を感じてしまいました。

ん?知性ってなんだろ?
頭いいこととちょっと違う感覚があるなぁ。
「物事を知り、考えたり判断したりする能力」ググるとこんなのが出てきます。

息子が小さい時に「父ちゃん、賢いってどういうこと?」
って聞かれてこんなふうに答えたことを覚えています。
あ、前に書いたかもしんない。ダブってたらごめん。
「賢いっていろんな見方があって例えば
『知能が高い』とか『知識が豊富』とか『知恵がある』とかあるね。
『知能』っていうと脳みその中にどのくらい引き出しがあるか。
『知識』っていうとその引き出しにどのくらいものが詰まってるか。
『知恵』っていうとどの引き出しを開いて解決するか。
って感じがするけど。
父ちゃんは『知能』や『知識』が多くなくても『知恵』があるというのが
一番賢い感じがするなぁ」

『知性』ってそれとも違う気がします。
ググった結果の文章を見ると僕の感覚で言う『知恵』と
変わり無い気がするのですが、『知恵』と『知性』は違う言葉です。

『知性』には憂いがある。そんな感じがするんです。
生に対しての憂鬱、苦しみを乗り越えるために世の中をどうとらえ、考えていいか。
そのためにどんな知識を身につけなければならないか。
その知識をどう活用すべきか。
その活動の総体が『知性』と呼ぶにふさわしいんじゃないでしょうか。

この二人の往復書簡には、それがびっしり詰まっています。
内田樹のフランス文学者としての見方、ヨーロッパの哲学をベースにし、
生きることへの問いをロジックで詰めていく感覚。
釈撤宗の、仏教を立脚点としながらもヨーロッパ哲学を取り入れ、
洋の東西の相違点を見つめつつブッダの代弁者として
生を捉える感覚。

ネットの時代になって、いろんなものが便利になりました。
知識を蓄えるよりネットの活用法を知ればいいなんて話もよく聞きます。
引き出し(知能)はインターネットの中に。
中身(知識)はググればオッケー。
しかしその扱い方(知恵)については人間性、心性がかかわってきます。
知性がないものの知恵は逆に手に負えない。
悪知恵なんて言いますね。
なんかここんところはびこっている感じがしてるのは僕だけじゃないでしょう?

知性を手に入れたいものです。
そのためには憂いを手に入れることに戸惑わないようにしなくちゃ。
苦しみと真っ向に対峙することに怖気付かないようにしなくちゃ。
そんなことをこの往復書簡を読んで感じたのです。

読みだすと結構長い時間かかってしまうかも知れません。
しかし、井上ひさしの言葉
「むずかしいことをやさしく、やさしいことをふかく、ふかいことをおもしろく」
を地でいくような文章、語り口。
興味あるかた是非。

もういっぺんリンクしときますね。この下をくりっこ!
   ↓
インターネット持仏堂


スポンサーサイト

個展を振り返って。

11月になりました。

9月の葛西 関口美術館での個展、10月の京橋 ギャラリー川船での個展
大きな個展をあいだほとんど開けずに開くというちょっとした無謀もなんとかのりこえ、
ほっとするどころか10月いっぱい〆切の納品もあったりして
怒濤の毎日を過ごしています。

さすがにこの歳になると後輩達にものづくりのあれやこれやを話す機会もあり、
そのたびに「個展したら?」って言います。
これは父と慕っている鯉江良二氏から言われたことでもありますが。

グループ展、企画展は責任のありかがぼやけるんですよね。
なので僕個人がつまんないものをつくっても展覧会自体は大成功ということが
まぁ、往々にしてあります。
でもやっぱり失敗は失敗として自分で乗り越えないとですね。
いたたまれない空気の中に身を置くことも経験しないと。

美術なんて世界は勝手なことをやっていいようなもんだけれど
やっぱり自分のやりたいことが明確に見えてくると
針の穴を通すようなシビアな部分を求める自分の眼というのも
必要になってくるように思います。
それは場が育ててくれる以外に無いような気がします。

困ったことに、ある表現で自分のスタイルが築けたとして
その仕事は将来の自分を小さくします。多分。振幅の巾を狭めるから。
安定したいのだけれど安定しちゃいけない。
不安定の上で揺れながら作り続けることは
シビアな自分の眼を信じるしか,そしてそれに正直であり続けるしかない。

いつもそうなのですが、今回も川船さんに大事な言葉をいただきました。
「このレベルの仕事を続けたら世に出れるねぇ」
「仕事は一流なんだからちゃんと広める努力をしなさい」

今回、いい仕事ができたと思っています。
そして川船さんが言うところの「このレベル」とは
いい仕事を乗り越えてきたこの眼を信じるということでしか維持できないかなと。
そして信じられるならそれをひとに繋ぎなさいと。

昔のカローラのCMで忘れられないコピーがあります。
『変わろう。変わらない為に。』

これからもよろしくお願いします。
変わり続ける僕を。変わらない眼で。

層 川船パンフ 


父の行き過ぎた愛情 ーChabim coffeeー

まごうことなき春。
春どまんなかです。
桜も満開過ぎて散っているところもちらほら。

実はウチにも春がやってきてたのでした。
ムスメの大学進学。
父のふがいなさを受け止めて国公立に受かってくれました。
ありがとうありがとう。
京都市民になりました。
京都の皆さんよろしくお願いいたします。

父にとってのムスメというのはどうにもちょっとあれですね。
コントロール出来ない感情というのか、好き過ぎる・・(笑)
何かしでかしてやりたくて(してやりたくて、ではない 笑)
かまいたくてしょうがないという感じでしょうか?

もちろん息子も大好きなんですけど、
なんかもう並んじゃってるというか
一緒に深酒なんかしちゃったりして。
そもそもあんまし親らしい親でもないし
あんたの人生に父ちゃん必要なら好きなだけ使って
ってなもんでございます。

まぁムスメに対してもおんなじか。
面白い人生歩んで父ちゃんを愉しませてくれい!!

一人暮らしを始めたばっかりなもんだから
ちょっと僕のテンションが高いんですね。
かまいたいのは。

こないだLINEでなんか欲しいもんとか無いか?
って聞いたら「コーヒー」て返事が来た。
インスタントかと思ったらドリップしたいんだそうである。
それオレのテリトリーじゃん!

んで、いそいそとコーヒー焙煎。
僕の好きなコロンビアの豆で
ローストはフレンチくらいかしら?
父ちゃんローストのチャビンコーヒー。シルブプレ。
『安らぎの一杯』(笑)
そこらにあった穴の空いた真鍮板と叩いた棒をペッとくっつけて
メジャースプーンもどうだ!

chabim coffee



あれ?こういう力の抜けた仕事したいんだった。
あらら、いいじゃん。


ん?チャビンって何かって?

敬愛するアントニオカルロスジョビンと
はげチャビンと掛け合わせて
作ったマイキャラクター。
っつかはげチャビンしかいらなかった・・・(涙)

以前ムスメにエコバッグ送ったら
「かわいいね。だけど使えない』っていわれた・・(涙)
チャビンエコバッグ

いっぱいおもろい京都生活が送れますよに。

生きてる方に賭けを打つ

びっくりした。
こんなにわかりやすくスーッと入ってくる言葉を語る
お坊さんの話をはじめて聞いた気がします。

仏教に興味が無い訳ではないのです。
というか宗教そのもの、宗教を生み出す人間の心
そしてその生み出した宗教をすがる人間の心の入れ子構造が
僕の興味の中心であると言っても過言ではありません。
それを自分なりの具現化ということで制作をしているのです。

仏教に僕の知りたいことが隠されているだろうということは
何となく感じているのです。
成り行きとは言え善光寺の門前に暮らすことになった運命に
不思議さを感じてもいるのです。
それで何かにつけ善光寺さんに参拝もするのです。

ただ仏教の言葉を前提に引用して語られる話に
心を動かされることは少なく、
むしろ外から仏教を研究している人の言葉に惹かれました。
一昨年ブログに書いた方便は親鸞を研究した
東大教授の安冨歩氏の研究成果だし、
その他にも最近読んだ本で非常に面白かった
つぎはぎ仏教入門』を著した呉智英氏は
自身を仏教徒ではないと冒頭でことわっています。

恐山院代、南直哉(みなみじきさい)師の話は
仏教そのものに力点を置かず、
人生の葛藤にどれだけ仏教が寄り添えるかという立ち位置で
話していて非常に興味深いのでした。
宗教はたくさんあるけれど僕が感じていることでいえば
宗教とはその文化のなかでどうやって『死』を相対化するか
ということが大きな役割の一つと考えているのですが、
南直哉師はスパッと喝破してくれていて心地よいのです。

「生きてる方に賭けを打つ」
僕の他にもこれに響いてくれる人がいるといいななんて思いました。







修羅

東京ステーションギャラリーにて開催中の鴨居玲展を観に行った。
鴨居玲は僕にとってはちょっと特別な画家なのです。
どう特別なのかはここからリンクに飛んで頂く事として。

若い頃の僕は作品群全体のイメージとして鴨居玲の破滅への欲情をとらえていたのだが
今回 時系列で展示された作品群を見て、晩年に表現の道をひとつひとつ閉ざされ
もがき苦しむ鴨居玲像が僕の中で明らかとなり、非常に興味深かった。
「興味深い」なんてそんな軽い一言では言い表せないのだけれど。

その後、東京芸術劇場へ劇団“マームとジプシー”が演じる「cocoon」を観に。
僕が娘のように思っている子が出演しているのです。
若い女の子が走り続けるその舞台は
彼女だけでなく出演している子達みんなが
「表現をする」という事を知った喜びと苦しみに
満ちていて清々しかった。(演目は重いテーマなのだけれど)


あぁ、あれは若かったおれだ。
表現する事が面白くなりはじめたあの頃だ。
表現とはなにかがわからなくても突っ走っていたおれだ。

そして多分鴨居玲は少し先のおれだ。
やるべき事を探し、新たな表現方法を求め
しかしひとつひとつ出口が塞がれていくという状況に追い込まれていく
未来のおれだ。

どういう将来が僕を待ち構えているかなんてことは全然わからない。
しかし、いつも自分がこの先も表現するという道に身を置くことを思うとき
頭の中では宮沢賢治の「春と修羅」という詩の一節
「おれはひとりの修羅なのだ」
というフレーズが響く。

鴨居玲 cocoon
プロフィール

角居康宏

Author:角居康宏
モノを作るのが好きです。
モノを作ることによって
人と関わるのが好きです。

誠実に作ったものは
人の心を動かすと思っています。
美術は人に
熱を与えうると思っています。

僕が、たくさんの作品に
心動かされたように、
僕の作ったもので
誰かの力になれたら。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR