ありがとうとおめでとうと。

2016年12月31日大晦日。
あと数時間で2016年が終わります。

今年もいろんなところへ伺いました。
たくさんの展示の機会に恵まれました。
僕の作ったものをたくさんの方に手に取っていただく機会を得ました。
たくさんの人と嬉しい出会いがありました。
口に出せることといえば感謝しかありません。
みなさま、ありがとうございました。
今日と明日は連続していますが、2016年が終わり2017年が始まります。
どうかみなさま、2017年もよろしくお願いいたします。

もう数時間もすれば挨拶が「おめでとう」になりますが、
それに先立って個人的に「おめでとう」がありました。
それもちょっと不思議な形で。

兄が調教師をしています。
これを読んでくださる方は知っておられる方も多いと思います。
日本のトップトレーナーの一角を占めています。
身内ながらすごいことだなあと思っています。
今年11月26日、通算勝利数が600勝となりました。
現役調教師の中では14人目だそうです。

フェイスブックを通じて繋がった友人がいます。
その方はもともと兄の友人でした。
「角居調教師の600勝のお祝いをしたい」というメッセージがあり、
その方の注文で兄へのプレゼントを作るという不思議なご縁をいただきました。
そしてとても嬉しい言葉をいただきました。
その言葉の一言一言がありがたかったのですが僭越ながら要約させていただきます。

「調教師というのは勝ち負けのある仕事です。調子の良し悪しが必ずあります。
調子の良くないときに康宏さんの作ったものを見て、600勝達成した気持ちを思い出し
康宏さんが応援してくれる再確認と気持ちの切替えができるキッカケになると思います」

兄への励ましと祝いと。それからさらに僕への応援と兄との絆とを
結びつけてくれるとてもありがたいお仕事をいただきました。
先日 兄の手へと渡り、サプライズプレゼントの喜びを伝えてくれました。
本当に感謝でいっぱいです。

600勝というのは偉大な記録と思います。
しかしまだ道の途中、これからもどんどん勝ち星を積み重ねて欲しいと思います。
おめでとう!頑張れ!にいちゃん!!

年が変わろうと、今日と明日とが連続しているように、
600勝と601勝は連続しています。それは700勝、800勝へと続いています。
僕自身は今まで作品をいくつ作ってきたのでしょうか?
自信を持って言えることは去年より間違いなく
いいものを作ることができているということです。
今日と続く明日はもっといいものができますよう。
見たことのない世界に踏み込むことができますよう。

みなさま、2017年もよろしくお願いいたします。

角居厩舎600勝マグ 日付 角居厩舎600勝マグ マーク 

スポンサーサイト

チベット、薬草の旅

僕が日本でただ一人のアムチと知り合ったのは一昨年の春。

アムチって何??って?
語感で言うと赤くて弾力性のある甘い食べ物という感じしますね。
アマゾン原産のフルーツ。アムチ。
え?しませんか?
現地の人もお祭りの時にしか口に出来ないと言う幻のフルーツ、アムチ。
そんな気がしてきたでしょ??

さてと、真実はといいますと
チベットのお医者さんなのでした。アムチ。
その内容については以前にこのブログで書きましたので
そちらをお読みくださいな。
このこれ↓をポチッとクリッコしていただけると読めるようにしておきますね。
アムチ

さて、そのアムチ、小川康氏が本を出されたそうなのであります。
だもんだから小川くんちに本買いに行って参りました。
なんつか、本の流通ってなかなか難儀らしいのよね。
すんごくいい本なんだけど、じゃあ全国の書店でご購入頂けます。
なんて風には行かないらしくて。

上記のブログでも本の紹介でしたが、
今回のは本人の思い入れが強く、装丁やら挿絵やらステキなんでございます。

せっかくのいい本なのに、ステキな出来上がりなのに皆様の目にとまらないのは
不幸なことだなあと思い、僕も掩護射撃。
あれ?前回のブログでも画家、越ちひろ氏の掩護射撃してた気ががするなあ。
誰かオレの援護射撃もプリーズ♡

ん?で、どこで買えるんだって?
そうでしたそうでした。
前回のブログで書いた上田,サントミューゼのミュージアムショップでも
置いて頂けているようで、僕の器と仲良く並んでるとか。
あと、遠くの方はこちらのサイトからご注文頂けますよ。
価格は1600円+税 あと送料がかかりますね。

チベット、薬草の旅

こんな感じです。チベットがはぐくんだ
山の知恵、自然の知恵満載な上、小川氏の冒険物語、チベットの風土を記した
読んで楽しい実用書として、ぜひお買い求めくださいな。

小川康 本

僕なんかサインもらっちゃったもんねー。
チベット語の文字、全然読めねーー!!

小川康 本サイン

新年あけましておめでとうございます。

みなさま、あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

え〜〜〜〜〜

今頃か?
今頃そんなこと言ってんのか?

そう思われていらっしゃる方、たくさんいると思います。
えぇえぇ、ボクもそう思いますとも。

三が日を過ぎて、松の内も過ぎて(一般的には7日までですって。15日までという説もあり!)
なにやってたのいままで・・・っつ—話ですよね。

んじゃ、恥を忍んでもうひとつ告っていいすか。

いま、ようやく年賀状書き終えました・・・ふぅ。

ふぅじゃねーよっつってね。
なにやってたんだよって思われるでしょ?
えぇえぇ、ボクもそう思いますとも。

なんだろ?この感じ。
ボクだけタイムスリップしてない?
時空飛んじゃったりしちゃった系じゃない?
なんならドクと一緒にデロリアン乗っちゃったんじゃね?
くらいのね・・・。
あらら・・・雷呼んじゃったよ・・・
みたいなね。

・・・・・いや・・・・

・・・・・すんません・・・・・

いいわけすんのにちょっとした壮大なスケール持ってくると
許されるかなー?・・・みたいな?
・・・甘え?・・・みたいな?

なんなら誰か仕組んでない?
とか陰謀論まで持って行こうかくらいの勢いだったんすけど

・・・ちょっとね。

・・・すこしね。

良心の呵責って言うの・・・
ボクにもあったりしてね・・・。

いや、11月くらいからの怒濤の展示ブーム?
いや、マイブームですけどね。

カスタネットで言うと
「打って打って休んで休んで、打って打って休んで打って・・・」
とかあるじゃないですか。
それが、先生厳しくて、難しい課題曲出すモンだから
「打って打って重ね打ち、打って打って4連符」
とかですよ。二の腕筋肉痛になるんじゃね?
くらいの勢いで・・・。

・・・いや・・・

・・・すんません・・・

いいわけばっかだ,このやろう・・
・・・とか・・・
見放さないで・・・

とにもかくにも、
2015年あけました。
あけた瞬間は見てたんですよ。
別所温泉の北向観音で友人と一緒に。

・・・パカッ・・・

って、耳澄ますと聞こえましたよね。
新年があける音。

・・・ね?・・・ね?
聞こえたでしょ?・・・ね?
あける音。

聞こえた人、ボクと一緒に耳鼻科行きましょか?


とにもかくにも
(さっきの「とにもかくにも」で結論に持ってくつもりだったのに・・)
2015年、平成で言うと27年
始まりました。

皆様、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

写真は元旦の北向観音
それから2日の善光寺
両参りでご利益倍増らしいですぞ!

え?
いいわけばっかのヤツと嘘つきにはご利益来ない?
そんなこと言わずにおねがいしますよ〜。


北向観音
北向観音初詣2015

善光寺
善光寺初詣2015

アムチ(チベット医)

今年の春、チベット医と友人になった。
彼の名は小川康(おがわやすし)
2001年5月、メンツィカン(チベット医学暦法学大学)に
チベット圏以外の外国人としては初めて合格し、2007年卒業。
ホンモノである。
いや、ニセモノとかあるんかって聞かれると答えに窮するんだけども。
僕の大学の同級生が彼の小・中学校の同級生だったというご縁でした。

春に友人になったのに、今頃の報告である。
なんかちょっと大きな出来事なのである。僕にとって。
日頃の慌てた生活の中でブログに書くことではない気がして
寝かせておいたという状況。

介してくれた友人曰く、
「すみちゃんと小川くんは絶対気があうと思う。」
とのことだったが、会ったその日にカフェで長話、
次の日、彼が我が家に来て追加の長話。
話すネタの尽きることがない。
きっとこれから長い付き合いになっていくのだろうと思う。

彼が書いた本がこれまた面白い。
これは豊かで深いチベットの文化を伝える本でもあるし、
医というものの原型を伝える本でもあるし
自分自身に重い葛藤を抱えたロードムービー的青春記でもある。

小川くんに「これどう生きていいか迷ってる若い子に読ませたいよね」
って言ったら「そうなんだよ、教科書になんないかと思ってるんだけど。」
って笑ってた。
ならないと思います(笑)

これから・・・彼が伝えるべきことは山ほどある気がするし、
逆に社会が彼を必要とすることはもっと沢山あると思う。
彼とつながることで僕自身はどんな景色が見えてくるのか・・・
とても楽しみなのです。

小川康

5月に長野県佐久で行われたTEDxSakuでの彼の講演。
しょっぱなのチベット医学教典の暗誦からドギモに抜かれます。
当日、直前に僕が送ったメールで講演内容を変えたとか。
話術も度胸も満点なのです。


続きを読む

うれしい。

いやぁ、あったかくなってきましたなー。
ゴールデンなウイークも終わっちまいまして
しゃーねーなー、仕事でもすっかってなもんですな。
あれ?ゴールデンウイークずっと仕事してたぞ?たしか。
ま、いっか。いろんな人に会って楽しかったし。

うれしいことがありました。とっても。

今思っている以上に後になって意味を持つ事柄ってあるじゃないですか。
きっとそういう経験になりそうなこと。

友人夫妻の息子・・といっても年齢で友人を区別する訳ではないので
その彼自身のことも友人と思っているのですが・・・。

その彼が僕のコップを買ってくれました。
そんだけのことなんです。

例えば、その息子が20歳でした。ってならなんの違和感も無い。
ハイありがとうございます。で終了ですわね。
がんばってバイトしたお金で安くもない僕の器買ってくれるなんてアリガトね
って思いますけどね。心から。

彼は8歳。
僕のコップは安いものでも5,000円以下のものは無いのです。
8歳の頃って1,000円どころか100円使うのも勇気いりませんでした?
おかし欲しいけど我慢したりして。

人のお財布を詮索するのは気持ちのよいものではないのですが、
潤沢にお金を使っていいという育てられかたをしている訳ではない。
それは絶対に自信もって言える。
親の姿を見ればそれははっきりわかる。
ただ、ちゃんと人の手の入った気持ちのこもったものを
きちんと使いこなす家族ではあります。

彼が僕のコップを買うとき両親はそばにいました。
彼の財布からお母さんがお金を出して
「これだけかかるんだよ?いい?」
と確認していました。
「欲しいって言ってた◯◯買える金額だよ。それ。」
ってお父さんも確認してた。
でも彼は凛とした顔で「うん」って言った。
これが欲しいという気持ちに揺らぎが無かった。

うれしいじゃないですか。
8歳の純粋な心意気を僕は受け取った訳ですよ。

彼が大きくなっても僕は一線で仕事し続けますよ。
今からもっと進化し続けますよ。
どんどんいいもの作り続けますよ。
それだけの決意をさせる出来事のような気がしてます。

ありがとうございました。
プロフィール

角居康宏

Author:角居康宏
モノを作るのが好きです。
モノを作ることによって
人と関わるのが好きです。

誠実に作ったものは
人の心を動かすと思っています。
美術は人に
熱を与えうると思っています。

僕が、たくさんの作品に
心動かされたように、
僕の作ったもので
誰かの力になれたら。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR