チャンネルブックスで作品集扱ってもらってます。

毎日お暑うございます。
まぁ・・夏ですからね。

なんですなあ。
台風が来ないと心配が少なくていいなあなんて思ったら
台風来ないと水不足でその後大変なことになるらしいですね。
夏もうちょっと涼しいといいのになんて思ったら
農作物に大打撃・・・とか。

とかく自然は人間の思うようには行かず、
思うように行ったら行ったでおっきくしっぺ返しを食らうと・・・

人間の暮らしに自然って大切だよね〜。
とかじゃなくて自然の大きな営みの片隅を借りて生きてる自覚しなきゃですな。
いろんなことのバランス崩れちゃってる感じがしますね。
人間の欲求とか意識とか向上心とか人間にとって大切なものが
悪影響を与える可能性って考えなきゃなんないでしょうね。

あらあら、ガラにも合わず重めの出だしでした。

鋳造で美術作品を作る時はいろいろこんなこと考えます。
ずっと『はじまり』をテーマに据えてますが
それを考えることは世の中のありとあらゆる事象について
無自覚ではいられないことを痛感します。
なんせ脳味噌の容量足りないからなんか大事なことわかりそうな時に
ぽわーんって雲散霧消しちゃうことも多いんですけど。

そしてそんなことを考えながら作った作品集
『はじまりのかたち』
昨年9月に出来上がり、もうすぐ一周年。
長野市ではエッジの効いた品揃え、
店のみんなの個性が立ってる不思議な書店「チャンネルブックス」
で、取り扱って頂いております。

場所はこのへんです。
ポチッと↑クリッコしてね。

ぜひぜひいらしてくださいね。
美味しい飲み物入れてくれるあいちゃんやはにかんだ笑顔が超キュートなほしのさん
レジェンドメーカーしまださんやさわやか軽やかイケメン大黒柱けいくんと話すも楽し。
もちろん侮れない本のラインナップにも目を凝らしてくださいな。

チャンネルブックス 
スポンサーサイト

感謝!!

一昨日、10日間に渡る名古屋ツアーから帰ってまいりました。
アートサロン光玄での個展にたくさんの方が足を運んでくださいました。
誠にありがとうございました。
まったく楽しいツアーでした。
旧友とバカ言って笑いあい、久しぶりのお客様と現況を話し合ったりしました。
仕事では新しくいくつかの試みを発表しました。
今後展開していくことと思います。
次回をお待ちください。

そして本日、3週間の長きに渡り伊勢丹新宿店で行われた企画
『涼を感じるクラフト展』終了致しました。
この間、作品を預けっぱなしで管理販売してくださった伊勢丹、エムケイクラフト
それからたくさんの方が僕のモノに目を留めてくださったことと思います。
また励みにがんばりますね。

1週間前に終わりましたが、伊勢丹新宿店では
企画『KAYARISM』も。
青山、白白庵の石橋さんはじめたくさんの作家の皆さん
感謝感謝です。いつもありがとうございます。
追加制作分も頂き、少し遅れますがお客様の元へ届くよう今から制作致します。

五月末の松本での『工芸の五月』池上邸での展示『角居康宏の器に花を生ける』
から、浅草、『まるごとにっぽん』での『わくわくクリエイター』
を経由し、一ヶ月で五つの展示とちょっと泣きそうではありましたが
このスケジュールをクリア出来たことも今後の自信になっていくかと思います。

夏になりますね。
そうそう、ストーブを片付ける時間がありませんでしたよ。
我が家はストーブと扇風機が並んで置いてあります(笑)
ストーブの上に蚊遣り・・・
和室にはコタツ・・・もちろんその上にも蚊遣り・・(笑)
そして、僕自身も蚊遣り(笑)
蚊取り線香 


ちょっとウチの中整理しなければ・・
とは言え、多分あと10日ほどでまた新たな告知すると思いますが(笑)
秋に向けての大きな仕事の準備もします。

さて、まだまだがんばりまっそ。
皆様、あんやとございみした。

ま、一杯やりましょ。

銚子sway 

ナガノアトレ 長野市芸術館記念book

長野市芸術館、いよいよの完成です。
5月8日に開館の運びとなるそうな。
素晴らしいですな。
立派な建物を得て、発表する演目・内容も
ハードル高めの設定になるでしょうが
運営の皆様、がんばってください。
楽しみにしております。
近隣地域からもたくさん人が来るような企画が
組めたらいいですね〜。

とまあ、井戸端会議的な内容を薄ーく言いたかった訳ではなくてと。
開館にあたって、冊子が刊行されました。
『ナガノアトレ 長野市芸術館開館記念book』

この中に、僕も載せていただいているのです。
ありがたやはずかしや・・

長野市芸術館は基本、音楽や演劇の為に構成された建造物ですので
まぁ僕らモノづくりはここを本舞台にと言うことにはなりませんでしょうが、
同じ文化をはぐくむ者達として取り上げていただいたとそういうことだと思います。

長野は芸術家の多い街。そんな印象があります。
僕が知っているだけでもたくさん若く個性にあふれた作家達が居ます。
ひょっとしたら僕はもう若手には入らないかもしれませんが
ピックアップしていただいた4人の中に僕も入っているのです。

僕の他にも、絵本やワークショップ、キャンバスアニメーションという
独自の世界を切り広げ続けるTOMOYAARTSさん、
作品だけでなく本人も美しいという、
当人を目の前にするとちょっと神様を恨んでしまうような
ガラス作家、相馬佳織さん
本人は至ってひょうきんなのに
静謐な世界を描き続ける香山洋一さん
という3人と共にまちの芸術家として紹介されています。
みんなそれぞれの工房には歩いていける距離。
お互い刺激を与え与えられる関係です。

これを機会に、長野に作り手として、表現者として
頑張ってるたくさんの人を認知していただけたら、嬉しいなと思います。
長野県内、書店、コンビニなどにおいてある?のではないかと思う。
(このごろますます世事に疎くなってまいりました)
お手に取っていただいてご覧いただけたら。

ナガノアトレ 

ちょっとだけお見せしますね。
まちの芸術家 


つくり手を訪ねて。ーKURA 3月号よりー

信州にはKURAという情報誌があります。
信州の風土、食、文化、催し・・
これを読んでいれば信州のあらかたはわかってしまうんではないかという
情報量の厚さです。

僕も信州に住んではや20年を超え、
ものづくりとして独立して15年以上になりますので
何回か載せていただいてはいるのですが、
3月号にまた載せていただく運びとなりました。
ありがたやありがたや。

なんせ、KURAを編集している株式会社まちなみカントリープレスが
ウチから歩いて3分?くらい?
歴代のKURAの編集にかかわっていた人達の多くも
現在友人としてお付き合い頂いており、
何かと関わりの深い雑誌なのです。
以前載せていただいたものを資料として保管しておりますが、
読み返して奥付を見てみると、あらまぁ友達ばっかり!!
あの人やらこの人やら、え?あのひともそうなの??
なんて感じで奥付見てるだけで1時間は過ぎてしまいました(笑)

今回取材していただいた方はお初にお目にかかったのですが
これまた感じのいい記事に仕上げてくださり感激です。

特集は『御柱祭』
いよいよです!表紙はめどでこに乗る赤い男達、黄色い男達。
これは持ってるだけでもワクワクする号になりそうです。
長野県内のコンビニ、書店に置いてありますよ!
ぜひ手にとって見てみてくださいね!!

kura つくり手を訪ねて−1


ちょっとだけサービスでお見せしますね。
にやけた感じでお酒注いでいただいておりますね。
あ、この手の方は男性でしたよ(笑)
kura つくり手を訪ねて−2

酒とご縁を —こんなふうに愉しみたい 長野市のお酒—

お寒いですなあ。
新年明けてからも寒くならない、雪降らないでちょっと油断してたら
やっぱり信州の冬。ちゃんとやってきてます。

寒い冬の夜はやっぱあれですか。あれですねぇ。
「さびぃねぃ。さびぃときゃあカラダん中からあっためるのが一番!」
「とっとっとっと・・おぅっと。これじゃすりきり満タンじゃねぇか。
こりゃ口からお迎えにいかにゃあなんめえな」
なんつてね。

幸い信州はおいしい酒がいっぱい!頑張ってる酒蔵がたくさん!
長野市も7つの酒蔵が丁寧にいい酒を醸してくれてますよ。
ありがってぇねぃ。おっとっと。

そんながんばってる長野の酒蔵を長野市もバックアップ。
そしてそのバックアップのさらに掩護射撃部隊を
美人陶芸家の松本かおるちゃんと共につとめさせて頂きましたよ。
かおるちゃんものんべえ。とっても楽しい酒を呑むチャーミングな人。
もう一人のうわばみ女史とウヒャッというくらいに呑んだことがあります。
量はないしょ(笑)

そのかおるちゃんと共に
7つの酒蔵のイチオシ酒に勝手にキャッチフレーズ付けさせていただきました。
それがリーフレットになって市内各地に昨日から配布されているはずです。
まずは善光寺、大門信号そば、“パティオ大門 蔵楽庭”にて6日より
『ながのSAKEフェス』なる催しが。そこには置いてある・・はず・・
信州プレミアムショップには僕の酒器がいつもより充実して・・
置かれて・・いる・・はず・・・・。
明日確認してこよう。

おりしも門前は『長野灯明まつり』
並べられたたくさんの灯明と、ライトアップされた善光寺とそれからおいしい長野の酒。
たぁまんねぃねぃ!!!

どうぞあったかくしてお越し下さいな。

長野のお酒140

こんなステキなリーフレットを開くと・・・

長野のお酒139

かおるちゃんと差し向かいで呑んでます。へへ。

長野のお酒141

なんと英語バージョンも!
WELCOME!!
LET'S DRINK NAGANO SAKE!!!
プロフィール

角居康宏

Author:角居康宏
モノを作るのが好きです。
モノを作ることによって
人と関わるのが好きです。

誠実に作ったものは
人の心を動かすと思っています。
美術は人に
熱を与えうると思っています。

僕が、たくさんの作品に
心動かされたように、
僕の作ったもので
誰かの力になれたら。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR