FC2ブログ

技で魅せる正月展~祝いの食卓~ at伊勢丹新宿店

いやあ、12月です。師走。いよいよ年末。
寒くって当たり前。寒くないと逆に心配ってな時期になって参りました。
しかし今年は初雪が遅いんじゃないでしょうか?
のんきなものでまだタイヤも替えていません。
皆様いかがですか?冬の準備、お済みですか?

さて、神戸での二人展、大盛況のうちに幕を下ろしました。
人生初の完売というものを経験いたしました。
ギャラリーに感謝、お客様に感謝、
日頃僕のことを気にとめてくださるすべての方に感謝です。
ありがとうございました。
すこしものの見え方が変わってきた気がします。
以前作ったものに若干違和感を感じるものもいくつか見えてきました。
これ、どういうことなんでしょう?ちょっと未熟さを感じるというか・・
不思議な気がします。

それから・・・二人展直前、根を詰めすぎていたせいか
少し体調崩しました。
予想していたことではありましたが。
頭の左半分、頭皮がひりひり痛むという感じで
長野市に移り住んで約8年、はじめて内科のお医者さんにかかりました。
今まで歯医者と耳鼻科しかかかってなかったのです。
結果は頭部の神経痛とのことでした。
お薬いただいて良好な経過ですのでご心配なく。

さてさて、そうこうしているうちに
次の展示のお知らせなのでした。
あ、今回は根詰めなくても手持ちで勝負できました。
ご心配なきよう。

つぎは新宿伊勢丹。
毎年お誘いいただいている正月に向けての展示です。
題して「技で魅せる正月展~祝いの食卓~」
おかげさまで伊勢丹さんとも長いつきあいになって参りました。
もう十五年以上にはなるでしょうか。
見限られることもなく・・ありがたいことです。
今回は品揃えを厚めにして
出品させていただいております。
もちろんほかの出品者も腕自慢揃い。
どうぞ皆様、足を運んでご覧いただけますよう。
よろしくおねがいいたします。

技で魅せる正月展 ~祝いの食卓~
12月12日(水)~25日(火)
伊勢丹新宿店本館5階 ウエストパーク

技で魅せる正月展 オモテ001 600pxl 技で魅せる正月展 ウラ002 600pxl
スポンサーサイト

角居康宏・各務賢周 二人展 at ギャラリー壺屋(神戸)

ご無沙汰してます。
ご無沙汰してる間にすっかり寒くなってしまいました。
もう冬目前ですね。もうストーブもつけっぱなしです。

さて、今回はいつものようにグダグダと余計なことは無しで
展示についてのお知らせ。

場所は神戸、ギャラリー壺屋
2014年7月に一度個展をさせていただきました。
僕にとって特殊な思い入れのあるギャラリーです。
生半可な気持ちで立ち向かうと店主にもお客様にも
コテンパンにやられてしまうという脅迫感が常に付きまといます。

店主、岡本さんは普段話している分にはとてもよく笑う楽しい人なのですが
一旦作品を目の前にすると「角居さん、これどうしてこここんなんにしたんや?」
と細部について厳しく指摘されます。それも僕が気になってる箇所を。
一度こういうことがありました。
違うギャラリーで個展を開催中の時、
そこは関西圏ではなく神戸からはかなり距離があるのに
はるばる見にきてくださって一点一点を舐めるようにして見たあと
「角居さん、あのボトルな、おもろいけど蓋があんたらしないな。
思いつかんかったんか?」
その一言に背筋が凍りついたような記憶があります。
自分でもどうしていいかわからなかった箇所でした。
もちろんそこに集うお客様も厳しい眼の持ち主
前回、たった二日間の在廊にも関わらずお客様からいただいたものが
たくさんありました。(見る力 参照)

今回は岐阜県岩村に住む陶芸家、各務賢周(かがみまさかね)氏との二人展。
店主岡本さんに紹介していただき長野で酒を酌み交わしたのが4年前
「あんたらにお酒を燗する道具作ってもらいたい」
以来幾度となくお互いの工房を行き来しました。
久しぶりにろくろをひかせていただいたりもしました。
「うちの二人展は個展よりしんどいからな」と言われたその通り
なかなかに茨の道の4年間でした。
本来なら昨年開催していたはずなのですが「これではまだ出せん」
と一年延期しての今回の二人展なのです。
今回岡本さんもギャラリーのHPにその思いの丈を手紙としてしたためてくださいました。
角居康宏  各務賢周

今回の制作で幾度となく徹夜しました。
二日連続徹夜とこの歳になって学生時代でもやらなかったことをやって
ふらふらになったりしました。
後になって「あぁ、おもろかったなあ」と思うのでしょう。きっと。

その成果が出ますでしょうか。
楽しみなような、それでも恐怖感でいっぱいの展示直前の今です。

角居康宏・各務賢周 二人展
ギャラリー壺屋
神戸市東灘区御影本町6-2-25
11月23日〜12月2日
11:00〜18:00(会期中無休)
23日、24日、25日在廊いたします。

ギャラリー壺屋 二人展 2018 オモテ ギャラリー壺屋 二人展 2018 ウラ
壺屋のDMは展覧会情報は載せません。
お客様が絵葉書として使ってくださるようにとの配慮です。
今回の写真は中条アートロケーション《場》の仲間
僕の作品集の写真も撮ってくれた
全幅の信頼を寄せている写真家、金井文×文氏にお願いしました。





はじめての茶箱 at 茶道サロン れんぴか

みなさま、ご無沙汰でございます。
最近はやることと考えることとちょっと僕の能力を超えているのか
ブログも更新できず・・・
最近はSNSもあまり書き込んでなかったので
友人から「大丈夫?生きてる?」って心配のメッセージいただきました。
そう思ってくれる人がいるって嬉しいことですね。
ご心配なく。僕は元気にやってます。ありがとうございます。
昨日も神輿担いで大声張り上げてまいりました。
楽しいですね。祭り。

仕事も前回の京都の展示からはやひと月以上経ってしまいました。
大丈夫か?生きていけるか?ふところ的に。
例年だいたい25回くらいのペースで展示を重ねさせて頂いています。
うち、個展が2回ほど。
お声かけいただけることは本当にありがたい。
こうやってフリーでやっていけてるのは
皆様が気にかけてくださっていることと幸運。
たくさんの人たちと神様に感謝です。
しかしそれに対しての義務は果たさねばなりませぬ。
「いいものを作る」そのことでしかお返しできないと思っています。
これからも頑張ります。

さて、次の展示はお茶。
独創的な世界を展開し続ける陶芸家、富田敬之氏からご紹介いただき
茶道サロンれんぴかでの展示に参加させていただくことになりました。
「はじめての茶箱」という名前の通り
茶箱に入るものに限定して制作させていただきました。
茶筌筒、茶巾筒、棗、振出など。
いつもわからないながらも手探りで作っております。
今後とも皆様ご教授ください。

今回もどうやら腕利きの作り手たちとの競演。
3日間限りの展示となります。
どんな空間が生まれ出すのか。ぜひ足をお運びいただけたらと思います。
よろしくお願いいたします。

はじめての茶箱
茶道サロンれんぴか
10月19〜21日
12時〜19時(21日は17時まで)
はじめての茶箱 オモテはじめての茶箱 ウラ 


join to joy ギャラリーにしかわ 京都

おひさしぶりです。いや、毎日暑いっすなぁ。

お盆過ぎて2~3日すごく涼しくて
「お盆過ぎると涼しくなる」とはいうものの今年はまた見事なもんだなあ。
昔の人の経験から来た言葉って偉大だなぁ
なんて思ってたけど撤回ですわ。
あれ無し。俺の勘違い。
なんすか。2~3日だけ甘い夢見させて38度とか・・
車の温度計、最高42度まで行ったじゃないですか。

おかげで初体験しちゃいましたよ。夏バテ。
夏は好きなんです。わりと。
汗だらだらかいて「ふひー、あぢーー!」
とか言ってるの、性に合ってると思うんす。

んでも今年はちょっと違いましたね。
「あれ?なんか食欲ないな。胃が疲れてるかな?」
「ん?なんかだりー。動きたくねー。」
「あー、なんかずっと眠いなー」
とか思っててそれとなく人にそう言ったら
「それって夏バテじゃん!」
って言われてしまった。そうか!これのことか!!
ウフッ♡はつ・たい・けん♡

そんな夏バテ気味の体にむち打って制作の毎日です。
あ、大工仕事にも精出してました。
中条アートロケーション《場》の第二期工事。
午前制作、午後大工、夜制作。
あ、そりゃバテるか。バテるわな。眠くもなるわな。

さて、お次の展示は京都。
もうちょい後なら秋の京都を満喫できたかもしれませんが
まだ暑いかもしれませんね。9月4日のスタート。

昨年春のギャラリーにしかわでの個展でお目にかかった
漆の作家、三木啓樂氏の発案、ギャラリーにしかわプロデュースで
異素材3人コラボ展。
その名も「Join to joy」
3人のそれぞれの作品を展示するのじゃなくて
3人で一つの作品を作り上げていく作品展。
なんだかわくわくしています。

メンバーは
漆:三木啓樂
ガラス:田上惠美子
金属:角居康宏

田上さんのガラスの玉をグラスの脚にはめ込んでみましたが
なんとも「聖杯」という感じでとても高貴な空気感が
漂っているような気がします。
どういう展示になりますか、
是非「Join to joy」(喜びに参加)しにきてくださいね。

Join to joy
ギャラリーにしかわ
9月4日(火)~9月16日(日)(月曜休廊)
12:00~19:00  最終日17:00まで。

 join to joy オモテ001join to joy ウラ002

夏の宵茶会 at白白庵 東京青山

さて、本日2本目。
ん?5本目?まあいいじゃん。どっちだって。

なんすかね。かたまる時はかたまるんですよね。
5月末にも4つくらい重なってたような・・
今回はその上をいく6つ・・・いや、今展示中も合わせて7つか・・

先日名古屋の個展の際に、師であり、父である鯉江良二さんに来ていただき
「良二さん、年間52回の展示ってどうなの?」
みたいな話したら「ばか、52じゃなくて57だ」ってたしなめられました。
365÷57≒6.4ってことは一週間に一回やっても追いつかないんですよね。
展示のピークの頃ではなかったけれど僕がスタッフとして鯉江工房にいた時も
結構忙しかったはずだけどすごい遊んでた気もするんですよね。
酒はガバガバ飲んでたし...
どうなってたんだろ?不思議。

そんな人間離れした回数には及びもしませんが
このギャラリーは僕のことを飽きずにたくさん企画に指名してくれます。
東京青山 白白庵。
昨年も10回くらいだっけか。ありがたいことです。
しかし、青山のギャラリーでは久しぶりの気がしますね。
しかも今回はナイトギャラリーという新しい趣向。
営業時間が16:00~21:00
お間違えのないように!

今回はテーマが「夏の宵茶会」
夏の宵に茶会を開くってことです(当たり前か)
しかぁし、僕が呼ばれた14日のオープニングレセプションは
酒数寄者、佐々木達郎氏のセレクトしたお酒が勢揃い
さすが白白庵 石橋氏、よく分かってらっしゃる(笑)
久しぶりにたつにいのご尊顔を拝めるのも
幸せの極みですなあ。

ってなわけで14日はギャラリーにおります。
夕方以降で動きやすい時間かと思います。
是非会いに来てくださいませ。
首を長〜くしてお待ちしておりますよー。

夏の宵茶会
白白庵(ぱくぱくあん)
7月14日(土)〜23日(月)
16:00~21:00


夏の宵茶会001 夏の宵茶会002 夏の宵茶会003 夏の宵茶会004 

プロフィール

角居康宏

Author:角居康宏
モノを作るのが好きです。
モノを作ることによって
人と関わるのが好きです。

誠実に作ったものは
人の心を動かすと思っています。
美術は人に
熱を与えうると思っています。

僕が、たくさんの作品に
心動かされたように、
僕の作ったもので
誰かの力になれたら。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR