シンビズム

ちょっと日が長くなって来ましたねぇ。
今日は長野は快晴。あったかい気がします。
こうやって少しづつ春になっていくんですねえ。
でも明日の最低気温の予想は−8度。気を抜いてはいけません。

2016年、県の事業として『長野県芸術監督団』が結成されました。
それぞれの芸術分野で監督を置き、芸術分野の発信、底上げを図ろうというものです。
監督は次の方々
【舞台】串田 和美 氏(俳優、演出家、まつもと市民芸術館芸術監督)
【音楽】小林 研一郎 氏(指揮者、東京文化会館音楽監督)
【プロデュース】津村 卓 氏(上田市交流文化芸術センター館長)
【美術】本江 邦夫 氏(多摩美術大学教授)

美術分野は多摩美大の教授、本江氏。
残念ながら僕、本は読んでないんですが・・
あ、読んでた。「中・高生のための現代美術入門」図書館で借りて読んだことある。
しかし、本江さんはギャラリーによく足を運ぶ評論家として
色々なところで名前を伺ったりしたのです。

その、本江さんが旗を振って始まった事業「シンビズム」
信州・審美眼・美術・イズムなどを合成してできた造語。
長野県は日本で一番たくさん美術館がある県なのですが
(あれ?人口比率でかな?)
美術館同士の相互の関係性が薄い。ということで
それぞれの美術館の学芸員が選出した20人の美術家を
お互い連携を取りながら展示をし、社会に発信していこうという企画です。
20人の美術家が四会場、5人ずつに分かれて展覧会を行います。

その「シンビズム」20人の美術家の中に僕も選出され、
もうじき展覧会が始まります。
僕は木曽会場。場所は木曽御料館
御料館 
なんともすってきな建物ではないですか。
内部もクラシカルでいいんです。階段の手すりとかたまんないんす。
搬入日は天気が良かったので、ぱっと見、「お・南欧か?」
ってな風情ですが気温は零下でした(笑)

僕が担当した部屋は普段動物の標本が置かれている場所。
見た瞬間に「ここで標本に囲まれてやりたいです」って手をあげてました。
昨年夏に金沢でやった個展「野辺」テーマは死を扱っていて
ここに下見に行った時点ではまだ作品はできていなかったんですが
おびただしい死に囲まれて展示するというイメージがパッと浮かんだんです。
その後、作品も制作し、金沢での展示も無事終わり、
今回は台座を新たに作ることによって、さらに突っ込んだ表現にしたいと考えました。
鉄の錆びた台。命も朽ちていく、物質も朽ちていく
そういう空間が今回作れた気がしています。

これを見た方がどんな風に捉えてくれるか。
金沢の個展。「野辺」で僕が書いた一文の最後、こういう分で閉めています。

生まれ、生き、死ぬ。
私たちは死へ向かってひた走っている。
死を思うとき、生は濃く彩られる。

そんなことを考える一瞬が観る方にも伝わりますように。

期間は2月24日〜3月18日
どうぞたくさんの方に足をお運びいただけますように。

シンビズム展示 

追:
中条アートロケーション《場》を作るプロジェクトの
クラウドファンディングやってます。
こちらにもどうぞたくさんの方に関心を持っていただけますよう。

https://greenfunding.jp/showboat/projects/2129
スポンサーサイト

技で魅せる正月展 at伊勢丹新宿店

まっこと申し訳ない。今日3つ目。

本来、こっちが正しいお知らせの時期というものです。
最近はギリギリ直前の告知ばかりになってしまっています。
だいたい一週間前にしとくってもんですが。
この展示に関しては始まるまでに一週間はありますので おけーですね。
普段からちゃんとやれよ!やすひろ!

現実的な内情を言うと一週間前ってのは
一番焦ってる頃ですね。
だいたい、出品リスト提出が一週間から10日ほど前。
手元に完成しているものだけ出すなら余裕ですが
「あと一週間で何が作れるか??」
なんて考えて、できてないものまでリストに書き込んじゃったりします。
なにしろ天性の楽観主義で仕事のスピードを過信しているところもあって
無理やりぎゅうぎゅうに詰めちゃったりします。
だいじょぶか?だいじょぶなのか??なんて独り言言いながら。
まだできてない新作を値段だけ決めちゃって送っちゃったりすることもあります。
あとで「むぅ・・この値段でこんなに時間ないのにこれだけの仕事すんのか?」
とか後悔することもしばしば・・
後悔しながらも、ま、追い詰められんと力発揮できんからな・・
などと自分に言い訳して夜半過ぎまでやる羽目になったりするわけですが・・
そんな日々を楽しんでる部分もあったりするわけですが・・

今回のリスト提出日は明日。
今回もがっちり詰め込んで送ろうと思います。
なんせこれが今年最後の展示。
頑張りまっそ!

・・・しかし途中に高遠美術館の搬出あるんだよなぁ・・・


技で魅せる正月展
12月13日〜25日
伊勢丹新宿店 本館5階 キッチンダイニングデコール

技で魅せる正月展 2017011 技で魅せる正月展 2017012 




冬のプレゼント展 atガレリア表参道

ちょっと慌ただしい感じがしますが
2つ目の告知させてくださいね。
なんせ、正月の餅代をなんとかしなければならんもんで・・

とか言って一人暮らしのおっさんが正月に食べる餅なんて
たかが知れてるもんです。
若い頃は餅の10個も食えたもんですが今はダメ。
食いすぎるとなんか酸っぱいものがこみ上げてきちゃって・・
む?恋か??なんて勘違いするようなアレではなくてです。
やや?つわりか??なんていうアレもないし。
あ、覚えがあったところで身ごもったりしないんだった。おっさんだから。
などとお下品な話は何だか盛り上がっちゃうのでやめときましょう。
なんせ品のない人間だから。

しかぁし、下品とロマンチックは紙一重。
冬といえばプレゼントの季節です。
なんせキリストさんの誕生日、クリスマスが控えておりますからね。
ここぞとばかりに異性にプレセントを渡し、あわよくば・・
ほら〜、お品がないわねぇ。下心が見え見えで。

下心云々(でんでんではない(笑))はさておき、
プレゼントをいただくのは嬉しいもの。
そして渡すのも・・
そんな素敵なプレゼント、たくさんの作家が心を込めて作ったものが
並ぶ企画展がこちら。
プレゼントの種類も多種多様、きっとお気に入りのものが見つかりますよ。

冬のプレゼント展
12月7日〜24日
長野市、ガレリア表参道にて

冬のプレゼント展007 冬のプレゼント展008 

縁起物×新年の茶盌展 at銀座三越

12月に入りました。師走です。
なんだか気持ちも慌ただしくなってくるってもんです。
しかし今年ももうあとひと月で終わりますなぁ。

お酒呑んでるとだんだん時間の感覚が加速していくってことありませんか?
7時くらいから友人と呑みだして9時くらいまでは普通に過ぎていくのに
ちょいと酔いが回った9時以降、ハッと気づくと12時頃になってて、
イカンイカン、そろそろ寝なきゃ・・と思いつつ
5分ほど話してたつもりが2時ごろになってた・・なんて。
昨日と一昨日、そんな呑み方をしてしまいましたが・・
おかげで昼間眠いんすよね。
一年を呑んでる時間に例えたらいけませんが夏以降の時間の進み方が
ちょっと早いと思うんですよね。
9月以降、あっという間に12月になっちまいましたよ。
返せ、俺の10月11月!って思いません??
この勢いだとあっという間に年越しになってしまうんでしょう。

さて、年越しまでにやらにゃならんことたくさんありますが
まずは展示!

12月一発目は銀座三越!『縁起物×新年の茶盌展』
おなじみ白白庵プロデュース!
いつもながらのゴージャスラインナップ。
この面々を見ているとなんか多少の運の悪さは吹き飛ばしそうな
勢いと強さを感じます。
もう、メンバー自体が縁起物!仲間ながら拝みたくなってきます。
そんな作家たちが作るもの、福を呼びそうな気がしてきませんか?
ぜひ見に行って、福を手に入れてくださいね。

縁起物×新年の茶盌展
12月6日〜19日
銀座三越 7階 ジャパンエディション

縁起物×新年の茶展010 縁起物×新年の茶展009 

KOGEI Art Fair Kanazawa 2017

いよいよ冬がやってきますね。
長野で初雪が降り、寒さも日増しに厳しくなっている感じがします。
ただいま開催中の個展会場である高遠に週に一度くらいのペースで通っていますが
道中きれいな色を見せてくれていた紅葉もすっかり冬の姿に
変わってしまいました。

その 信州高遠美術館 角居康宏展 はじまりのかたち
好評のうちにはや会期の半分を過ぎてしまいました。
先日はビオラ奏者、般若佳子氏を迎えてのギャラリートーク&ナイトギャラリーも
無事終えることができました。
般若氏には作品を見ながら、歩きながらその作品から得たインスピレーションで
即興演奏していただいたのですが、お客さんが帰られてからもしばらく演奏は続き
僕は一人そのメロディを自分の作品が並ぶ美術館で堪能する幸運に恵まれました。
いや、素晴らしかった。今後音と美術についてもっと考えてみたいと思います。

さて、次の展示についてのおしらせです。
って、今日から。お知らせ遅くね?ほんっと申し訳ない。

今日から3日間、11月24日~26日
金沢にてKOGEI Art Fair Kanazawa 2017 が行われます。
文字通り、工芸に特化したアートフェア。さすが工芸王国 金沢。
僕は金沢に生まれ育ったのですがずいぶん様子が変わってきてますね。
特に新幹線が通ってから華やかさが増した感じがします。

エントリーは、いつもながらおせわになっている
東京、青山のギャラリー 白白庵より
メンバーはこれまた白白庵がかかえるスターがそろっているラインナップ。
その一角に入れていただきました。ありがたい。
皆いい仕事する仲間ですが、会って話すと楽しい奴らばかり。
人生を楽しんでるからこそ出てくる表現なのかもしれません。
僕は所用のため伺えませんがぜひたくさんの作家の今を切り取る表現を見に
足を運んでいただきたいと思います。
今日はプレスや招待者限定ですが、土曜日曜と一般公開となります。

KOGEI Art Fair Kanazawa 2017
会期:11月24日、25日、26日(24日はプレス、招待者限定)
場所: KUMU 金沢 -THE SHARE HOTELSー
入場料:1000円

KOGEI Art Fair Kanazawaオモテ KOGEI Art Fair Kanazawaウラ

プロフィール

角居康宏

Author:角居康宏
モノを作るのが好きです。
モノを作ることによって
人と関わるのが好きです。

誠実に作ったものは
人の心を動かすと思っています。
美術は人に
熱を与えうると思っています。

僕が、たくさんの作品に
心動かされたように、
僕の作ったもので
誰かの力になれたら。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR