涼を盛る器 at 金沢 クラフトA

何やら暑くなってまいりましたなぁ。
5月も終わりですものねぇ。
しかし僕の仕事場は風の抜けがいいので
窓を開けると気持ちのいい風が通り抜けてくれます。
仕事場の片隅に片付けるタイミングを失ったストーブが居座ってるのはご愛嬌。
早く片付けなきゃ。

そうそう、風の抜けがいいと困ったことがあります。
ろう付けや、溶接で使うバーナー、
火がちっちゃいのでちょっとのそよ風で消えてしまうことがあるんです。
ろう付け最中に風が吹くと窓を閉めに行く手間もなく、
風の方向に体を持って来て風を塞ぐようにしてバーナーワークしています。
ですからこの時期から夏いっぱいくらいは体をくねくねさせながら仕事しています。
見にこないでね(笑)

で、次の展示のお知らせ。
毎年お世話になっている金沢、名鉄エムザ5階クラフトAにて。

店頭に立って接客するときはよく口頭でお知らせすることがあります。
錫はちろりなどお酒のお燗にぴったりなのは言うまでもないのですが
あっためるのが得意ってことは冷やすのも得意。
熱伝導がいいのでね。
ちろりなどお燗に使うの注器をこの時期になんで?
と思われる向きもあろうかと思います。
もちろん暑い時期の燗酒もなかなかいいもんですが
氷水の中にちろりごと入れるとギンッギンに冷えるんです。
これがまたいい。
もちろんお酒じゃなくっても抜群に使えるヤツ。
冷蔵庫には麦茶が入ってるけど緑茶のいいのが入ったから
冷やして飲みたいわあなんて時、お茶をちろりに入れて氷水の中へ
わずかな間に清涼感たっぷりの冷緑茶。
または今日はあっついからお昼そうめんにしようなんて時。
ちろりに出汁を入れてギンギンに冷やす。
氷を中に入れるわけではないので薄まらずにチベタイそうめんがいただけます。

そんな器たち、用意いたしましたよ。

涼を盛る器
5月24日〜6月6日
金沢めいてつエムザ5F クラフトA


ひっさしぶりに店頭に立ちます。
26日、27日、28日会場におりますので
ぜひこのハゲ坊主の顔見に来てやってください。
お待ちしてますよー。
あ、28日は長野に帰るので夕方ぐらいまでかもしんない。
早めにプリーズ。
涼を盛る器5人展オモテ 涼を盛る器ウラ 


スポンサーサイト

角居康宏個展 2017 at 京都 ギャラリーにしかわ

春ですねえ。

春の訪れって何で感じます?
もちろん桜が咲いたらそれはまごう事なき春。
そうじゃなくて春のきざしというか、体感としてというか・・
いくつもあるとは思うんですが・・
僕の場合はズボンの下に履いてるタイツが煩わしくなって来た時とか
(長野に住んでると冬これを履かない事は死を意味します(大げさか))
あと、オリーブオイルが凍ってないとか・・
歩いている時にふと空気のにおいが変わったのを感じるってこともありますね。
冬には冬のにおい、春には春のにおい。

さて、個展のお知らせです。
前回 2014年の秋、スンバラシイ秋を満喫した京都(そうだ京都、行こう参照)で
今回はスンバラシイ春を満喫しようという
なんとも僕的にゴージャスな企画。

春の京都かぁ・・・

かれこれ四半世紀も前、春の京都には強烈な思い出があるのです。
大学時代の古美術研修、自由時間に仲良しアホアホ同級生連れ立って
「ストリップ行くぞ〜〜!れっつデラックス東寺!!」
なんて意気込んで若干鼻血流しながら電話したんですね。そしたら
「あ〜。最後のショー始まっちゃいましたね。今から来てもほとんど見れませんよ。」
期待度が高かったもんだから反動のフラストレーションがすごくて
何かせずにはいられないモードが発動し
「しょうがね、花見でもすっか・・」ってな具合で
同級生、前後学年こぞって円山公園行くことに。
なんだか春の精が取り付いたのか
とんでもない乱痴気を繰り広げてしまったのです。
名付けて『円山公園の変』
面白かったなぁ・・
逆野球拳とかたこ焼き100円足りない事件とかブリーフマイムマイムとか・・
今だったら新聞沙汰かもなぁ・・

春って怖いですね・・
若さって怖いですね・・
京都って怖いとこですね・・
(すいません中身わからないからなんだかわからないですね。
ちょっと公にできないあれこれがあるのです。)

あ、京都って言えば四芸(東京、愛知、京都、金沢の芸術大学の交流会)
でラグビー部の連中みんなでやった『かもがわの特訓』もすごかったんだった。
アホだったなあ・・(遠い目)

昔のことばかり話すのは歳をとった証拠。
今に全力を傾けましょう。

京都 四条河原町、京都のど真ん中に ギャラリーにしかわ はあります。
そこで今回2回目の個展。

角居康宏展
ギャラリーにしかわ
4月18日〜30日(月曜休廊)
12:00~19:00(最終日17:00まで)

2回目の個展ということでたくさんの新作が登場します。
今回蓋物に力入れてますの。
最初の一週間、在廊していますの。
どうぞお気楽にお立ち寄りくださいね。
ここでは書けない恥ずかしい話、会場でご披露するかもしれませんよ。

よろしくお願いいたします。

17ギャラリーにしかわ個展DMオモテ 17ギャラリーにしかわ個展DMウラ 








パークホテル東京✖︎白白庵 アートラウンジ「木漏れ日満ちる」

春眠暁を覚えず。
眠いですなあ。やっぱり春は眠いです・・・あくび連発、、、
さっき火がついたバーナーを手に持ったまま少し寝てしまったので
(1秒ないくらいだけどね)
諦めてちょっと横になりました。10分ほど。

春はどうして眠いんでしょうねえ?
・・・ん?・・・昨夜2時まで飲んでたから?春のせいじゃない??
あ、そうなの??
でも昨日も眠かったんだよね・・
え?おととい??日付変わるくらいまで飲んでましたけど・・・
やっぱりそれかー。
春、ごめん。春のせいにして。
酒のせいだったわ・・

さて、話は変わってトコロはお江戸、汐留。メディアタワー。
今回の告知はパークホテル東京と我らが石橋圭吾率いる白白庵のコラボイベント。

先日、実は別件でパークホテル行きました。
25階がロビーなんですね。
1階がロビーって先入観があったので25階に来て下さいって言われた時は
どこ連れてかれるんだ?とか思ったけど
ラウンジがあって受付があって、普通っぽくはなかったけど
ホテルのロビーでした。

パークホテル東京はアートを発信するホテルとして注目を集めてるホテル
ラウンジも棚の上、中、壁面、ショーケースとアート作品がびっしりなのです。
ま、その意味で普通っぽくないんだけどね。

その展示作品を白白庵が担当するという企画で
その中に僕も入れていただいたのです。
ありがとうございます。
他の出品作家を見るとこれまた名うての実力派揃い。

展示だけでも気軽にご覧いただけるとうたってあります。
こんなことでもないとこんなとこ行かない気がするあなた。
そう、僕もです。
これを機会に行ってみてはいかがでしょうか?
ま、コーヒーの一杯くらい飲んでもいいですわね。
堂々とラウンジソファーに座って「ワン コーヒー シルブプレ」
って言ってみて下さいな・・・恥かくから(笑)
もし言える人いたら後で報告くださいね。
そんな話大好きなんです。知ってるかもしれんけど・・・
僕???言わないよーそんなこと・・恥ずかしがり屋さんだもん。

パークホテル東京✖️白白庵
アートラウンジ「木漏れ日満ちる」

3月20日〜5月28日
パークホテル東京 25階 アートラウンジにて。

木漏れ日満ちるパークホテルオモテ 木漏れ日満ちるパークホテルウラ

菜の花暮らしの道具店 at 伊勢丹新宿店

なんか春めいてきましたね。
うちの周りの雪もほぼほぼ融けてまいりましたよ。
もうすぐもうすぐ。
山が若芽で全体に黄緑になってシルエットもほんわかしてくる
あの感じが好きなんですよねー。
寒さでカチコチに肩に力が入ってたのが緩んできます。
嬉しいなあ、春がやってくるなぁ。

去年一昨年と正月早々に展示が始まったことを考えると今年はスロースタート。
充電できたかな?
とりあえず腹に脂肪は蓄えました(涙)

さて、そんなこんなの今年一発目。
菜の花暮らしの道具店 at 伊勢丹新宿店

以前から「角居さん、フォーク作ってない?」
って聞かれてたんですが今回作ってみました。
ちょっと面白いかな?
もう少し洗練できると踏んではいますが、それは今後の楽しみ。
見たい?ごめんね。会場でお願い。
そのうちにお見せできると思うけど今は内緒。

いつもこの展示に声をかけていただいてます。
毎回言いますがこの豪華な顔ぶれ。
さすが小田原の名店、菜の花。
愛想尽かれないように今後も頑張りますのでみなさんよろしくお願いします。

さぁ、ここから怒涛です。
今年も張り切ります。
まだ見たことないもんいっぱい作るぞー。
おもろいこといっぱいするぞー。
どんなことできるか自分でもまだわかんないんだけどもね。
今年の自分に期待しちゃいましょう!
頑張れ!俺!!

あっ、、、今日からじゃん!
すまんす。。。

菜の花暮らしの道具店 at 伊勢丹新宿店

新宿伊勢丹本館5階キッチンダイニング/プロモーション
3月1日〜14日

菜の花伊勢丹2017写真面 菜の花伊勢丹2017宛名面 

酒と器と男と女 2016

さあ、年末です。
年末と言って差し支えないでしょう。
もはや鬼も笑いません。来年のことを言っても。
あ、この場合どういうんでしょうか?
「来年のことを言うと鬼が真顔」ですかね?
あ、「来年のことを言うと福が笑う」にしましょう。それはいい。
でも年末だけ使うのはもったいないですね。
福さんには一年中笑っていただくことにして・・・。

さて、昨年は5月に東京は中目黒、『工藝 器と道具 SML
にて開催されたこのイベント『酒と器と男と女
今年はちらっと時期をずらしてこの年末に行われることになりましたよ。
前回、5月開催の時は外に出てベンチに腰掛けてダラダラ飲んだりしてましたけど
今回そういうわけにはいかんでしょうなあ。
凍死者が出てしまいますからね。
こんな時は体の中からあっためるっつーもんでしょ。
ってなわけで今回は熱燗もテーマの一つです。

なんか燗のお酒って言っても
昔とイメージ違うんですよねー。
昔は地区の公民館とかでね、
近所のおっちゃんたちとヤカンにドボドボ入れたお酒を
直火で沸騰直前まで沸かして「まぁ呑め!」なんて言われて・・・
何度も潰されたなあ(笑)
一日中便所から出られない時あったなあ・・(遠い目(ちょっと涙))

最近のお燗は違いますよ。
上品に酒のいいとこを引き出すべく燗の技術というものも
上がってきてますしね。
お酒自体もずいぶん美味しいのがたくさん増えてまいりました。
そんなイベントも初日に開催されます。
アフロ女将が贈る!いちがいおかんと日本海
日本海の珍味も揃うとか。
どんななんだろ?アフロの中からもずくとか出てきたりしないよね?
もずくは出てこないけど黒造りは出てきますよーとかそんなことないよね?
ちょっと楽しみになってまいりました。
行くっきゃないじゃんと思った方。気があうねえ。
僕もそう思ったので『参加』にポチりましたよ。
23日、ちょっとした差し入れ的な何かを持って伺いますのでね。
ご一緒に日本海の珍味、それから僕の作った差し入れ的な何かでもって
熱燗で乾杯しませんか?(美味しくできるか心配・・・)

もちろん酒器の展示ですので酒器を作る作家、たくさん集まります。
あ、そうだ。僕も酒器を作る作家の一員なんだった。忘れるとこだった・・
各地から10名以上ものいろんな素材の作家たちが丹精込めた作品を
持ち寄ってまいりますの。
素敵な酒器を眺めながらクイッとやって、
寒い体もホッカホッカにあっためて
美味い酒といい酒器めっけてしまいましょう。

え?心が寒い??
む〜、それはおじさんの力じゃどもならんなぁ。
ん?頭が寒い??
え?俺が??大きなお世話じゃ!

酒と器と男と女

12月23日(金・祝)〜29日(木)
工藝 器と道具 SML
東京都目黒区青葉台1−15−1
AK-1ビル1F
03-6809-0696

酒と器と男と女 2016 酒と器と男と女 2016宛名面 






プロフィール

角居康宏

Author:角居康宏
モノを作るのが好きです。
モノを作ることによって
人と関わるのが好きです。

誠実に作ったものは
人の心を動かすと思っています。
美術は人に
熱を与えうると思っています。

僕が、たくさんの作品に
心動かされたように、
僕の作ったもので
誰かの力になれたら。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR