fc2ブログ

煎茶上等 New Normal at 白白庵

2017年 煎茶上等
・・・・デデデッデデッ(効果音です)・・・・

2019年 煎茶上等リターンズ
・・・・デデデッデデッ(効果音です)・・・・

そして今年
2021年 煎茶上等 New Normal
・・・・デデデッデデッ(効果音です)・・・・

「なんやアンちゃん、やんのかゴルァ!こちとら煎茶上等!
その口かっぴらいてうまい煎茶飲ましてやるわ ゴルァ!!
こっちにゃ売茶翁が控えとるんじゃあ!!」

とまあ、煎茶上等も3作目と相成ったわけです。
おめでとうございます。

前々作で白白庵主人 石橋がお奉行様に
袖の下で高価な茶器の一揃えを渡し、
前作ではそれを万家(千家ではない)に見咎められ
あわやというハラハラの展開!
手に汗握るエンディングでした。
(このくだりわかんないと思うので「煎茶上等リターンズ」
読んでください。バカっぽいので読まなきゃよかったと思うはず)
今回コロナという強敵の出現で世界が変わるという大展開
生活の変化を余儀無くされるわけですが
そこで煎茶の殺菌力が威力を発揮。
カテキンパワーでコロナを抑え込むという大技を繰り出します。
かの総理大臣は「新しい判断」と言いつつ前言撤回してしまいましたが
煎茶は元から持ってた力で「新しい常態」、New Normalを築くわけですが
どうエンディングへ持っていくのか!!

あれ?どこまでウソかわかんなくなってきちゃったな。
現実がウソかマコトかわかんない感じになってきちゃってるからな。

煎茶のカテキンパワーは信じても良さそうです。
「なんやアンちゃん、やんのかゴルァ!こちとら煎茶上等!
その口かっぴらいてうまい煎茶飲ましてやるわ ゴルァ!!
コロナに負けん体つくっちゃるわぁ!!」
ってなわけでお茶飲んで元気になっちゃいましょう!
素敵な道具はこちらから!
煎茶上等 New Normal

煎茶上等new normal


スポンサーサイト



春爛漫・百花繚乱茶会 2021 at白白庵(青山)

2020年度が終わっちゃう・・
もうじき学生さんたちは新しい学校に、新しい学年に。
お仕事されている方も異動とかあるんでしょうか。
僕の住んでいる中条でも仲良くしてくれた駐在さんが異動しちゃって寂しいですが、
それもまた旅立ち。新しい職場でまた世界が広がるのでしょう。
そうそう、何度か僕のブログでも書きましたが
調教師だった兄も新たなフィールドでのスタート。
春です。

そうそう、長野はまだ肌寒いですがいろんなところで桜が咲いてるんですってね。
先日山梨の友人から富士山をバックにした桜の写真が送られてきて
グハァ!花札かよ!めでてええええ!!
ってなっちゃいましたが。
長野はもうちょっと先ですね。ガマンガマン。

そんな春。
常連で呼んでくれる東京は青山のギャラリー、白白庵(パクパクアン)では
「春爛漫・百花繚乱茶会」が開かれております。
なんと昨日から!!
おいっ!またかよ!!ちゃんと事前に告知しろよ!!
・・・・・・ハイ・・・・・

とはいえ、オンラインの展覧会。
今告知して今見れる。
とりあえず・・ってな感じで開いてみよう。
ほら。
「春爛漫・百花繚乱茶会」

僕は今回花器と香合でエントリー。
探してみてください。
インスタライブも開催中。
アーカイブもされてると思いますのでご覧くださいね。
白白庵 インスタグラム

期間は4月5日、午後7時まで。
もちろんお近くの方は足をお運びくださるのも良いかと思います。
ギャラリーに連絡入れてからお願いしますね。
こちらからどうぞー。
白白庵アクセス

百花繚乱茶会 2021





秋を彩るものづくり at 日本橋三越

個展スタートからはや一週間。
在廊しない、できないというのは反応が見えなくて
なんだかもどかしい気持ちもあります。
がしかし、これがこの時代のやり方。
この時代のやり方が一般化したころ
コロナはなんらかの糸口が見えてきて
過ごし方が一変している。

・・・なんて想像してます。
モノの良さなんてのは手にとってナンボ。のものだと
思っていますがどうなるのかな。
僕のやることはそうは変わらないのかななんて思っています。
「今よりもっといいものを作る」
手に取らなくてもいいものとわかるものを作る
なんてできるかな?頑張ります。

デパートなんて今正念場なんじゃないでしょうか?
デパートこそ人に来てもらってナンボです。
デパートも文化の一翼を担っています。
頑張っていただきたいと思います。
なんてエラそーに僕ごときが心配することではありませんが。
ってか、自分のこと心配しろよって話ですが。

そのデパートでの展示なんです。
場所は日本橋三越。日本のデパートの発祥の地。
wikiによると
1905年(明治37年)元旦、全国主要新聞に全面広告を掲載し、
それがのちに「デパートメントストア宣言」と呼ばれ、
日本における百貨店の始まりとすることになったのだとか。

そのデパートの本丸、日本橋三越。
またしても行くことはできませんが
展示していただいております。今日から!
どんな方が見にきてくださるのか。
新しいつながりや出会いができますように。

秋を彩るものづくり ー暮らしの工芸ー
10月14日(水)〜27日(火)
日本橋三越本店 本館5階
歳時記プロモーション

秋を彩るものづくりオモテ秋を彩るものづくりウラ




角居康宏 個展 before dawn at白白庵

台風14号が近づいてきているそうです。
昨年長野に甚大な被害をもたらした台風19号はちょうど今頃、
2019年10月12日、13日と上陸していたのだとか。
今年はまだ14号。
年々台風による災害は遅く大きくなっている感じがあるので
ちょっと怖い感じがします。
コロナ禍における避難というのはまだ未経験
3密を避けての避難ということが上手くできるものなのでしょうか。
不安は重なります。

コロナの影響で展示の方法も随分変わりました。
今回は白白庵にてオンライン個展。
ここ、青山の白白庵は僕の知る限り
一番先進的にコロナの対策をしているギャラリーです。
オンラインがベースとはいえそれなりの価格の作品の購入というと
実物を手にとってみたいもの。
そこでこのような対応がとられています。

以下引用・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【アポイントメント】

日程 2020年10月9日(金)〜19日(月)のうち、金・土・日・月曜日限定
   *火・水曜日はオンライン業務専従日、木曜日は定休日。

時間 午前11時〜午後7時の間で 1時間枠
   *一時間を上限とする来訪枠を設定し、各枠内で最大2名までの受付とします。
   *3名様以上でのグループのご来訪はお断りします。
   *アポイントは訪問前日の営業時間内までの予約受付を必須とさせていただきます
    (電話、メール、SNSからのメッセージなど)。
   *マスク着用、入り口でのアルコール消毒・検温必須。
    感染症予防対策を万全に講じ、事前予約のある方のみ来場可能とさせていただきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ウイルスなんて目に見えないものの対応はほんと難しいなあと感じさせる一文です。

先日お伝えした動画「曙光」では
「明けない夜はない」のメッセージを込めて作りましたが
それに呼応して白白庵が提示してくれた展示名が 
"before dawn"(夜明け前)
before dawn
あえてのピンボケ。焦点が合わない感じ。

ギャラリーに足を運びにくいこの状況を見据えて
僕のインタビュー記事も載せてくださっています。

ギャラリーに行けばギャラリストがいて作家のことを聞いたり
上手く行けば作家がいたりとかっていう状況がありますが
オンラインではそうはいかないですものね。
こういう試みはとてもありがたい。
しかしご苦労も多いのだろうと思ったりします。
もうすぐ続編が出る予定。お楽しみに。

今回、オンラインということで
この動画「曙光」で作った作品「曙光 I」に
もう一点追加製作をした「曙光 II」を加え、
錫の器の新作もあり、もちろん白白庵の常設展示も見ることができます。
角居康宏 常設

お出かけしなくとも自分の部屋で、お好きな場所で
楽しめる展覧会。
お手すきの際にどうぞみてみてくださいね。

個展の入り口はこちらから↓
下の文字をポチしてください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【期間限定】角居 康宏 個展「before dawn」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そしてそして、会場の雰囲気がわからないとどうもなぁ・・
という方はこちらから展示風景もどうぞお楽しみください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「before dawn」 会場の記録
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

煎茶上等リターンズ at白白庵

煎茶上等」の展示が東京青山の白白庵で開催されたのが
2017年9月・・・

・・あれから2年・・

ヤツがパワーアップして帰ってくる・・
デデデッデデッ(効果音です)

煎茶上等リターンズ!!

「なんやアンちゃん、やんのかゴルァ!こちとら煎茶上等!
その口かっぴらいてうまい煎茶飲ましてやるわ ゴルァ!!
こっちにゃ売茶翁が後ろに控えとるんじゃあ!!」

・・とまあ、あれですね。
「リターンズ」と名のつく映画は割と物騒な感じの映画が多いですわね。
リターンズで検索かけると
「バットマンリターンズ」とか「ビーストウォーズリターンズ」とか・・
あ、「死霊のはらわたリターンズ」と「ナニワ金融道リターンズ」
も出てまいりました(笑)

前作では白白庵の主人 石橋がお奉行様に
高価な茶器の一揃えを袖の下で渡し、
振り向いてニヤリと笑うシーンでエンディングとなりましたが
今回はどうなるか・・。

ってそういう話じゃないですわね。
そんなもん誰も見てないっつーの。
(石橋さん、悪役っぽい雰囲気での出演、ありがとうございます)

いやいや、今回は脱線に次ぐ脱線で
なかなか展示の告知まで至らないですが
前回、好評のうちに幕を閉じた「煎茶上等
今回もお声かけいただき参加と相成りました。
今回、新たに急須を作ったのですがこれがなかなかのお気に入り。
皆様の目にはどう映りますか。
会場でぜひご覧になってくださいまし。

煎茶上等リターンズ
9月21日〜10月2日(木曜定休)
11:00~20:00
東京 青山 白白庵

煎茶上等リターンズオモテ煎茶上等リターンズウラ






プロフィール

角居康宏

Author:角居康宏
モノを作るのが好きです。
モノを作ることによって
人と関わるのが好きです。

誠実に作ったものは
人の心を動かすと思っています。
美術は人に
熱を与えうると思っています。

僕が、たくさんの作品に
心動かされたように、
僕の作ったもので
誰かの力になれたら。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2022/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR