十花のしつらえ at新宿高島屋

この二日ほどあったかいですなあ。
ストーブつけてませんぞ。
どこぞでは花見じゃんじゃんやってるそうですね。
長野はもうちょっと先。でも蕾は膨らんでます。ぷっくり。かわい!
また後で告知しますがきっとちょうど花見にいい時期に僕は長野にいないのです。
きっともう桜が散った京都に伺います。
そんで長野に帰ってくると桜が散ってると・・
桜前線を追い越してしまうのですね。
まぁ・・・そんな時もあるさ・・・・(ちょっと寂しい)

いやいや、そんなこと言ってられないくらいやることあるんですってば。
アリガタヤアリガタヤ。

何かっていうとこれ。

『十花のしつらえ』
新宿高島屋11階 呉服売場内 茶室「桐庵」
4月13日〜25日

お初にお目にかかります。新宿高島屋。
新宿駅南口出たら真正面に見えるやつですよね?あってる??
今はバスタ新宿があるから南口でても見えないかな?

企画はおなじみ白白庵。
毎度お世話になっております。
いつもだとデパートの5階あたりにある生活フロアなんだけど
今回の会場は呉服売り場内の茶室。初体験。
素敵なお召し物のマダムがいらっしゃるんだろうか?
行けたら面白いのに今回個展一週間前にて御免。

個展一週間前ということでテンパってたので何出せばいいんだろと必死になって
出品リスト送ったら「ちょっと多いですね」って言われた(笑)
頑張ってるじゃん。俺。

もちろん新作もありますよ。
お茶室だからって緊張しないでふらっと見に来てくださいな。

十花のしつらえ オモテ 十花のしつらえ ウラ
スポンサーサイト

楽しい食卓と暮らしの道具展 atガレリア表参道

昨日はいとこの結婚式で金沢に行ってました。
1日でも金沢の環境に浸ってしまうと長野に帰ってからが寒い。
夜中についたのですがちょさむでした。
でも今朝の長野は快晴。気温は低くても日差しは春の到来そのものです。
やることいっぱい!張り切っていこ〜!

さて、次の展示は長野です。
おなじみ中央通りの素敵空間、ガレリア表参道。
入り口入ってから大空間の階段を降りていく感じがいいんですよね。
マイク持って歌いながら降りて行きたくなります。
松田聖子のディナーショーかっ!
いや、こんなこと書くと松田聖子のディナーショー行ったみたいに思われるな。
行ったこともちろんないですよ。
僕の偏った音楽趣味知ってる人ならわかると思うけど。

そうだ!告知ついでに僕の好きな曲もあげておくかな。
毎回告知だけってつまんないもんね。
僕のブラジル音楽の入り口、マリアヒタでもどうでしょうかね?
サンバだけどちょっとコラソンがサウダージする感じが春っぽいかしら・・
何言ってんだか・・


いやいや、そっちじゃないんです。
目的を忘れてはいけません。
ガレリア表参道の展示『楽しい食卓と暮らしの道具展』
4月7日〜17日。
もちろん新作も追加してますよ。
春の浮かれ気分で中央通り散策しつつ階段降りてってくださいね。
♫ハールイーロのきーしゃーにのーにの〜ぉって〜♫
って頭んなかで歌いながら。
楽しい食卓と暮らしの道具展オモテ 楽しい食卓と暮らしの道具展ウラ

浅草甲乙数寄合戦

さぁ、クリスマスも終わってしまいました。
皆さんはどんなクリスマスでしたか?
僕はイブイブに展示オープニング、
イブに帰宅して仕事。クリスマスはみっちり労働。
なんてブラックなんでしょ。
電通なんてなんのその!!

でも新年までカウントダウンとなりましたから。
2017年を笑顔で迎えるために頑張るのです!!
こんな年末なのにガツガツしてるのはこれがあるから!!

浅草甲乙数寄合戦

期間は2016年12月27日〜2017年1月9日
と年またぎ企画!
場所はもちろん浅草。
まるごとにっぽん


増上寺での天祭1○8でもおなじみへうげた野郎どもが
またもや結集。
へうげた野郎というのはめでてえ野郎でもあるのです。
正月なんてぇめでてえ時期に気を張らねえでどうするい!!
ってなわけで正月返上!
めでてえへうげものどもが集まるとなるとめでてえ場所じゃなきゃどうするい!
ってなわけで浅草に矢が刺さったと、そうお考えくだせえ。

めでてえ時にめでてえ場所、浅草にめでてえ野郎どもが集まって
「あ、こいつぁ〜春からぁ、あ、縁起がいい〜わい!!」

ってなわけで2017年も、あ、よろしく〜たの〜まぁ〜!!

浅草甲乙数寄合戦 浅草甲乙数寄合戦 裏 

素材変われば。

3月も半ば、春も近づいてきているのはよくわかっているつもりですが、
ここんとこ寒い日が続きます。
啓蟄も過ぎ、「もう春だかんな!』っつって
フライング気味に出てきた虫達もこの寒さに慌ててるんではないでしょうかねえ。

僕は今モノづくりの世界になんとかかじりついていて、
例えば錫の鍛金で器を作って皆さんに買っていただいて
生活しているということなんですけれども
そもそもはフライング気味のスタートでした。
というのも、学生時代、学校では鋳金を学んでおり、
鍛金なんて「やってるの見たことあるー」程度だったんです。
やったこともないのに「錫の鍛金で茶托作れますか?」
って言う注文に
「できますよー!」なんてハッタリをかまして
うけちゃったことがきっかけなもんだから、
それからが大変でした。
道具作り出して血眼になって資料探して
いくつも失敗して・・・

キャリアのスタートがそんなだもんだから、やったことのない仕事に対しても
「誰か出来てる人がいるんだから自分に出来ない道理はないわなぁ」
と思って引き受けてしまうんです。
いわば、ハッタリとフライングと勘違いで仕事が広がり、
それが自分を成長させてくれているとつくづく感じております。

さて、工芸の世界、美術の世界、モノづくりの世界と言っても
多種多様な素材、作り方、アプローチがあります。
金属の世界だけとっても、素材が変われば製法が全然変わるということがあります。
堅さが違う、溶接性が違う、食器に対する適正が違う。
そうすると作り方も自ずと変えなきゃならない。

今回、仲良しの魔法使い、出雲のシゲちゃんから
銅のカップ作ってとの依頼があり、制作いたしました。
シゲちゃんにはハッタリをかませる必要はありません。
こちらが出来ると出来ないとにかかわらず豊かな世界観を伝えてくれるから。
するすると引きづりこまれちゃうんですよね。
ハッタリかまさないけれども、勘違いとフライングが最初から約束されるっていう・・・


錫の場合は溶接性がよく、側板と底板は別で作ればいいのだけれど、
銅はその焼き鈍し性と展延性の高さにより、
深絞りという方法をとった方が出来がいい。
・・で、やってみましたよ。
なんだか悪くないみたい・・・っていうか好き。
いろいろと自身を成長させてくれる仕事となりました。
シゲちゃん,イギリスで使うっていうから
把手はむしろ和風。土瓶や鉄瓶と同じ作り方で作ってみましたよ。
これも悪くないんじゃな〜い。

さあ、イギリスではこのカップがどんな出会いや勘違いをもたらしてくれるか。
土産話が楽しみ!!
銅カップ

05/25のツイートまとめ

genpusha_sumii

RT @earthquake_jp: 【速報LV1】25日 14時28分頃 埼玉県南部(N36.1/E139.6)(推定)にて M5.1(推定)の地震が発生。 震源の深さは推定51.7km。( http://t.co/u9vgslgBwd ) #saigai #jishin #…
05-25 14:29

プロフィール

角居康宏

Author:角居康宏
モノを作るのが好きです。
モノを作ることによって
人と関わるのが好きです。

誠実に作ったものは
人の心を動かすと思っています。
美術は人に
熱を与えうると思っています。

僕が、たくさんの作品に
心動かされたように、
僕の作ったもので
誰かの力になれたら。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR