FC2ブログ

2020年 あけましておめでとうございます。

2020年が始まりました。
あけましておめでとうございます。

相変わらず年末年始とバタバタと過ごしておりまして
全然正月感がありません。
昨年はホテルニューオータニで元旦、二日と展示、
一昨年は中条でのプロジェクトが始まったことでてんやわんや
その前は長野の門前、ナノグラフィカにて元旦から個展
・・・とまあ、
ゆったりと正月気分なんてものをここ最近味わってはいないのですが
そういうのが当たり前になってくると
もはや正月ってどうしていいのかわかんなくなってきてるのかもしれません。

昨年、暮れも押し迫った29日、
部屋の壁の取り壊しを始めてしまいました。
事務室兼作品ストックルームが乱雑さを極め、
踏み場のない状態になってたことの
フラストレーションが一気に爆発した感じです。
年明けからの仕事に間にあわせるにはこのタイミングしか
改築作業をする時間が取れないからしょうがありません。
そこから年末までは
29日 壁取り壊し(1.8m×2.4m)
30日 4畳半の畳撤去、床貼り
31日 事務仕事用カウンターテーブルと神棚製作
と怒涛の年末を過ごしました。元旦までに神棚を作って
すっきりと手を合わせたいというのもあったんですけどね。

結局やりかけのまま年越しをしてしまいました。
木っ端だらけ、オガクズだらけの正月でした。

あぁ、こんなもんかもなぁ。
というちょっとした感慨がありました。
自分が死を迎える時って心残りなやりかけを
山積みにして逝っちゃうもんかもしれないなあ。なんて。

ごめんなさい、「正月そうそうなんだ!縁起の悪い!!」
って叱られちゃうかもしれませんね。
でも、正月って「お年取り」っていいますしね。
無事に前の年を乗り越えられたことへの感謝とお祝いですから
こんなことを考えてもいいんじゃないかと思ってます。
こんな歳になっちゃったことだし。

半端な人間ですから。
それでいてやりたいことをどんどん手を広げていく性格ですから
きっといろんなことやりかけのままになっちゃうことでしょう。
いろんな人を巻き込んで迷惑もかけちゃうことでしょう。
程度の差こそあれ、生きてくってそういうことなのかもしれません。
なのであらかじめ言っときます。
みなさん色々ごめんね。いつもありがとう。これからもよろしく。


写真はカウンターテーブルの上の棚が完成した2日の様子。
2020年始




スポンサーサイト



大縁起物展 at白白庵 青山

さあ、年末。
もう今年の振り返りをしても、
それから来年の希望を語ってもいい頃合いですわね。
みなさまいかがでしたか?
今年、ハッピーに過ごせましたでしょうか?
来年、ハッピーに過ごしてまいりましょうね。

幸福学という学問があって、それによると
例えば収入の額によるハッピーには限度があるそうです。
一番ハッピーと相関関係が見られる事柄ってのが「ともだち」

いちねんせーになったーら♩
いちねんせーになったーら♪
ともだちひゃくにんできるかな♫
って歌はハッピーになる方法を説いていた歌だったんですね。

人とつながる機会に恵まれることを「ご縁ができる」
って言いますよね。
この『縁』仏教用語なんですって。
「つながる」とか「関係」を表すと。フムフム。

「縁」を使った言葉に「因縁」「縁起」などがありますが
これも仏教用語。
どちらも物事には必ず「原因があって結果がある」みたいなことらしいんですけど。
チャーリー浜の「あなたがいて、僕がいる」ってのは仏教思想なのかしら?
全然意味違うか・・・
あ、、チャーリー浜知らない?めんごめんご
(あぁ、昭和だ・・・・・)

縁起物ってそう考えると
ハッピーなことが起こったときに過去に遡って、例えば
「正月、善光寺さんで手に入れたダルマさんのおかげかも」
なんて気持ちの落とし所をつけたり、
自分の能力を過信するのを防いでくれるものかもしれませんね。
原因なく結果は生まれないということだから。
結果を生むために自分なりの縁起物を一つ持っておくというのも
ハッピーを呼び込む手立てとして良いかもしれません。

そんな縁起物をたくさんの作家が知恵絞って制作した展示がこちら
「大縁起物展」
場所はおなじみ青山、白白庵
一発縁起のいいの手に入れて2020年を一緒にハッピーに過ごしましょうよ!

そうそう、ちなみに僕が一番縁起がいいと思うのは
このブログのはじめに書いたように
素敵な友達とたくさんつながること。
そう、あなたとお友達でいられるのが僕にとって
最高の縁起です。
来年もよろしくお願いしますね。

大縁起物展
白白庵
12月21日(土)〜29日(日)

大縁起物展2019DM オモテ大縁起物展2019DM ウラ


技で魅せる正月展ー祝いの食卓ー at伊勢丹新宿店

いやあ、間に合わん。いろいろ。
このところ各方面に迷惑かけている気がします。
やらなきゃならんこと山積みのとこ持ってきて
ちょっと体調壊したからいろいろズレますね。

初めて発送締切日を間違えました。
冷や汗ダラダラ・・
11日にスタートする展示なのに10日に発送してしまった・・
11日の朝に着いていつ展示作業すんのよ・・デパートなのに・・
そんで11日から始まってる展示の告知、
なんで12日に書いてんのよ・・・
ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめn・・・

電話で謝り倒してそしたら先方でうまいことやってくれてことなきを得ました。
ありがとうございますありがとうございますありg・・・

さて、
師走に入ってもう3分の1過ぎちゃいましたよね。びっくり
もう今年も終わりかけ。
さよなら僕の2019。
こんにちわ2020。

ってなわけで2020の正月はもう目の前。
素敵な正月のスタートを切れるかどうかはまさに今、動き出さねばならないのです。

んで、この展示。
『技で魅せる正月展ー祝いの食卓ー』
焼物、ガラス、木工、紙、金属と
各方面の作り手が正月に似合うアイテムを惜しげも無く大放出。
ってな企画と承知しております。
いや、びっくりしたのは木工のキリアキさん、
「鏡餅」というジャンルでエントリーしてる。
そか、そんな狭いところ狙っていくのもアリってことか。
僕だったらなんだろ?
「恋人たちのラブツール」とか今後やってみようかな?
あ。嘘ですからね。いつものたわごと。

さて、そんなわけで(どんなわけだ?)
あと20日たらず、
今年を有意義に、来たる来年を楽しく。

こちらにもぜひ足をお運びくださいね。

技で魅せる正月展ー祝いの正月ー
伊勢丹新宿店本館5階
キッチンダイニングプロモーション
12月11日(水)〜17日(火)

技で魅せる正月展2019 表技で魅せる正月展2019 裏

陶・漆・金属 ほっこりな冬支度 7人展 atクラフトA 金沢

ぐぅわぁぁ・・ザビいいぃぃ。
冷え込みが急にやってくるこの時期が
一番寒く感じる。今朝で0度ですって!!
体おいつかないよぉ!!
体慣れてしまって冬モードになった1月くらいになると
零度下回っても「冬だからね。仕方ないよね。」
っつって諦めもつくんだけどね。
工房の床はコンクリ土間。20畳仕切りなしの広間
あったまる訳ねーっつーの。
扱ってるものは金属。くぅぅう・・。
これでもかと冷気が攻め立ててまいりますわ。
まぁ、冬将軍様が来襲してくるのですから。
ほら、将軍様、手加減すること知らないから・・
冬将軍って僕のイメージではラオウなんですよ。
クソでかい馬に乗って馬の鼻息が真っ白なの。
そんなん勝てる訳ねーべ。
ま、なんとかだましだましこれを乗り越えて冬仕様の体にしてしまいましょう。
もし乗り越えなかったら冬将軍にこっちから言ってやりますわ。
「我が生涯に一片の悔いなし」ってね。

前回のブログで告知いたしましたギャラリーしらいとの展示は金沢。
そして今回も金沢です。
場所もこれまたおなじみ名鉄エムザ5階、クラフトA。
年に一度は必ず呼んでくれる。ありがとうありがとう。
店主の堀内千芽氏は学生時代からの付き合い。
もう長い付き合いになりました。ありがとうありがとう。
若い頃は会えばバカ話ばっかりしてたのに
最近は顔合わすと「お母さんの調子どう?」
なんてうちのお袋の心配してくれます。
お土産持たせてくれたりして。そんなかけがえのない友人。

今回、金沢では初お目見えの新しいものいくつか取り揃えました。
アクセサリーいくつかあるのですが自分では結構気に入ってるのです。
僕自身はアクセサリーつけたりしないのですがどうかな?
どなたか気に入ってくださらないかしら?
気にいるも気に入らないもまずは現物を見てから。
お時間できたらちょいとエムザまで。

そうそう、来週11月27日は会場に一日おりますよ。
遊びに来てくださいね。

陶・漆・金属 ほっこりな冬支度 7人展
金沢 名鉄エムザ 5階 クラフトAギャラリー
11月20日〜12月3日

陶・漆・金属 ほっこりな冬支度 7人展


しらいとの酒器展 atギャラリーしらいと 金沢

11月。
山が色づいて綺麗です。
それでも今年はあんまり色づきが良くないなんて話も聞きました。
でもやっぱり綺麗。
昨日だったか、おとといだったか、満月でしたよね?
たまたま外出していたのですが
山の向こうからびっくりするくらいおっきな月が出てて見とれてしまいました。
遠くの山は雪化粧を始めました。
空気も冷たくなって抜けるような空の青の向こうに
頂を雪をかぶった山々。
自然は毎年同じように、でも毎年違う景色を美しく見せてくれます。
ありがたいことです。

目細氏は中学生時代の友人。
同じサッカー部で、彼はキャプテンでした。
サッカーもうまかったし、キャプテンシー(その頃はそんな言葉知らないですけどね)
もあったように思います。大会で優勝とかもしたしね。
僕は下手だったなあ。サッカー。試合には出させてもらったけど。
その目細氏は金沢の老舗「目細八郎兵衛商店」の後継者。
毛針を作る技術をアクセサリーに展開したり、新たな道を開いています。

目細氏がギャラリーを開いたって聞いたのは1年ぐらい前でしたか。
今年の初めに「角居の展示会うちでやってや!」
って声かけいただき、ギャラリーに伺えたのがようやく9月の頭。
行って早々に「11月に酒器展やるからなんか出して」
ってな感じでトントン拍子で話が進み
参加させていただくことになりました。

ギャラリーは武蔵ヶ辻からほど近いあたり。彦三町。
これを「ひこそまち」と読める人金沢人以外に居るのかなあ。
ちょっと金沢の裏道を歩いてる感じがしていいかもしれません。

いつもながら手遅れ気味の告知。
申し訳ない。
他にも若手の人たちがいっぱい出品しています。
ぜひ足をお運びくださいませ。

しらいとの酒器展
ギャラリーしらいと
金沢市彦三町1−4−11
11月13日〜12月1日(火曜定休)
10:30〜17:30

しらいとの酒器展001しらいとの酒器展002しらいとの酒器展003しらいとの酒器展004





プロフィール

角居康宏

Author:角居康宏
モノを作るのが好きです。
モノを作ることによって
人と関わるのが好きです。

誠実に作ったものは
人の心を動かすと思っています。
美術は人に
熱を与えうると思っています。

僕が、たくさんの作品に
心動かされたように、
僕の作ったもので
誰かの力になれたら。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR