知性

ご無沙汰しております。
見返して見たら大晦日から更新してなかった。
展示がないとこんなもんですか・・・すいません。
今しばらくオフシーズンです。こもっております。
この時期の蓄積が逆にハイシーズンで生きてくる気もしています。
ま、逆にいえばそれほどシーズンインすると展示が重なって
告知ばかりになってしまうということで
ありがたいことだなあと、日々感じております。
皆様に感謝。

先日調べ物をしていたらこのページを見つけてしまいました。
インターネット持仏堂
2003年スタートだから随分前なんですね。
ネットを介しての内田樹と釈撤宗の往復書簡。
内田樹が抱えている興味について仏教ではどう捉えるかを釈撤宗に尋ねる形なのですが、
この二人の深い知性を感じてしまいました。

ん?知性ってなんだろ?
頭いいこととちょっと違う感覚があるなぁ。
「物事を知り、考えたり判断したりする能力」ググるとこんなのが出てきます。

息子が小さい時に「父ちゃん、賢いってどういうこと?」
って聞かれてこんなふうに答えたことを覚えています。
あ、前に書いたかもしんない。ダブってたらごめん。
「賢いっていろんな見方があって例えば
『知能が高い』とか『知識が豊富』とか『知恵がある』とかあるね。
『知能』っていうと脳みその中にどのくらい引き出しがあるか。
『知識』っていうとその引き出しにどのくらいものが詰まってるか。
『知恵』っていうとどの引き出しを開いて解決するか。
って感じがするけど。
父ちゃんは『知能』や『知識』が多くなくても『知恵』があるというのが
一番賢い感じがするなぁ」

『知性』ってそれとも違う気がします。
ググった結果の文章を見ると僕の感覚で言う『知恵』と
変わり無い気がするのですが、『知恵』と『知性』は違う言葉です。

『知性』には憂いがある。そんな感じがするんです。
生に対しての憂鬱、苦しみを乗り越えるために世の中をどうとらえ、考えていいか。
そのためにどんな知識を身につけなければならないか。
その知識をどう活用すべきか。
その活動の総体が『知性』と呼ぶにふさわしいんじゃないでしょうか。

この二人の往復書簡には、それがびっしり詰まっています。
内田樹のフランス文学者としての見方、ヨーロッパの哲学をベースにし、
生きることへの問いをロジックで詰めていく感覚。
釈撤宗の、仏教を立脚点としながらもヨーロッパ哲学を取り入れ、
洋の東西の相違点を見つめつつブッダの代弁者として
生を捉える感覚。

ネットの時代になって、いろんなものが便利になりました。
知識を蓄えるよりネットの活用法を知ればいいなんて話もよく聞きます。
引き出し(知能)はインターネットの中に。
中身(知識)はググればオッケー。
しかしその扱い方(知恵)については人間性、心性がかかわってきます。
知性がないものの知恵は逆に手に負えない。
悪知恵なんて言いますね。
なんかここんところはびこっている感じがしてるのは僕だけじゃないでしょう?

知性を手に入れたいものです。
そのためには憂いを手に入れることに戸惑わないようにしなくちゃ。
苦しみと真っ向に対峙することに怖気付かないようにしなくちゃ。
そんなことをこの往復書簡を読んで感じたのです。

読みだすと結構長い時間かかってしまうかも知れません。
しかし、井上ひさしの言葉
「むずかしいことをやさしく、やさしいことをふかく、ふかいことをおもしろく」
を地でいくような文章、語り口。
興味あるかた是非。

もういっぺんリンクしときますね。この下をくりっこ!
   ↓
インターネット持仏堂


スポンサーサイト

ありがとうとおめでとうと。

2016年12月31日大晦日。
あと数時間で2016年が終わります。

今年もいろんなところへ伺いました。
たくさんの展示の機会に恵まれました。
僕の作ったものをたくさんの方に手に取っていただく機会を得ました。
たくさんの人と嬉しい出会いがありました。
口に出せることといえば感謝しかありません。
みなさま、ありがとうございました。
今日と明日は連続していますが、2016年が終わり2017年が始まります。
どうかみなさま、2017年もよろしくお願いいたします。

もう数時間もすれば挨拶が「おめでとう」になりますが、
それに先立って個人的に「おめでとう」がありました。
それもちょっと不思議な形で。

兄が調教師をしています。
これを読んでくださる方は知っておられる方も多いと思います。
日本のトップトレーナーの一角を占めています。
身内ながらすごいことだなあと思っています。
今年11月26日、通算勝利数が600勝となりました。
現役調教師の中では14人目だそうです。

フェイスブックを通じて繋がった友人がいます。
その方はもともと兄の友人でした。
「角居調教師の600勝のお祝いをしたい」というメッセージがあり、
その方の注文で兄へのプレゼントを作るという不思議なご縁をいただきました。
そしてとても嬉しい言葉をいただきました。
その言葉の一言一言がありがたかったのですが僭越ながら要約させていただきます。

「調教師というのは勝ち負けのある仕事です。調子の良し悪しが必ずあります。
調子の良くないときに康宏さんの作ったものを見て、600勝達成した気持ちを思い出し
康宏さんが応援してくれる再確認と気持ちの切替えができるキッカケになると思います」

兄への励ましと祝いと。それからさらに僕への応援と兄との絆とを
結びつけてくれるとてもありがたいお仕事をいただきました。
先日 兄の手へと渡り、サプライズプレゼントの喜びを伝えてくれました。
本当に感謝でいっぱいです。

600勝というのは偉大な記録と思います。
しかしまだ道の途中、これからもどんどん勝ち星を積み重ねて欲しいと思います。
おめでとう!頑張れ!にいちゃん!!

年が変わろうと、今日と明日とが連続しているように、
600勝と601勝は連続しています。それは700勝、800勝へと続いています。
僕自身は今まで作品をいくつ作ってきたのでしょうか?
自信を持って言えることは去年より間違いなく
いいものを作ることができているということです。
今日と続く明日はもっといいものができますよう。
見たことのない世界に踏み込むことができますよう。

みなさま、2017年もよろしくお願いいたします。

角居厩舎600勝マグ 日付 角居厩舎600勝マグ マーク 

浅草甲乙数寄合戦

さぁ、クリスマスも終わってしまいました。
皆さんはどんなクリスマスでしたか?
僕はイブイブに展示オープニング、
イブに帰宅して仕事。クリスマスはみっちり労働。
なんてブラックなんでしょ。
電通なんてなんのその!!

でも新年までカウントダウンとなりましたから。
2017年を笑顔で迎えるために頑張るのです!!
こんな年末なのにガツガツしてるのはこれがあるから!!

浅草甲乙数寄合戦

期間は2016年12月27日〜2017年1月9日
と年またぎ企画!
場所はもちろん浅草。
まるごとにっぽん


増上寺での天祭1○8でもおなじみへうげた野郎どもが
またもや結集。
へうげた野郎というのはめでてえ野郎でもあるのです。
正月なんてぇめでてえ時期に気を張らねえでどうするい!!
ってなわけで正月返上!
めでてえへうげものどもが集まるとなるとめでてえ場所じゃなきゃどうするい!
ってなわけで浅草に矢が刺さったと、そうお考えくだせえ。

めでてえ時にめでてえ場所、浅草にめでてえ野郎どもが集まって
「あ、こいつぁ〜春からぁ、あ、縁起がいい〜わい!!」

ってなわけで2017年も、あ、よろしく〜たの〜まぁ〜!!

浅草甲乙数寄合戦 浅草甲乙数寄合戦 裏 

酒と器と男と女 2016

さあ、年末です。
年末と言って差し支えないでしょう。
もはや鬼も笑いません。来年のことを言っても。
あ、この場合どういうんでしょうか?
「来年のことを言うと鬼が真顔」ですかね?
あ、「来年のことを言うと福が笑う」にしましょう。それはいい。
でも年末だけ使うのはもったいないですね。
福さんには一年中笑っていただくことにして・・・。

さて、昨年は5月に東京は中目黒、『工藝 器と道具 SML
にて開催されたこのイベント『酒と器と男と女
今年はちらっと時期をずらしてこの年末に行われることになりましたよ。
前回、5月開催の時は外に出てベンチに腰掛けてダラダラ飲んだりしてましたけど
今回そういうわけにはいかんでしょうなあ。
凍死者が出てしまいますからね。
こんな時は体の中からあっためるっつーもんでしょ。
ってなわけで今回は熱燗もテーマの一つです。

なんか燗のお酒って言っても
昔とイメージ違うんですよねー。
昔は地区の公民館とかでね、
近所のおっちゃんたちとヤカンにドボドボ入れたお酒を
直火で沸騰直前まで沸かして「まぁ呑め!」なんて言われて・・・
何度も潰されたなあ(笑)
一日中便所から出られない時あったなあ・・(遠い目(ちょっと涙))

最近のお燗は違いますよ。
上品に酒のいいとこを引き出すべく燗の技術というものも
上がってきてますしね。
お酒自体もずいぶん美味しいのがたくさん増えてまいりました。
そんなイベントも初日に開催されます。
アフロ女将が贈る!いちがいおかんと日本海
日本海の珍味も揃うとか。
どんななんだろ?アフロの中からもずくとか出てきたりしないよね?
もずくは出てこないけど黒造りは出てきますよーとかそんなことないよね?
ちょっと楽しみになってまいりました。
行くっきゃないじゃんと思った方。気があうねえ。
僕もそう思ったので『参加』にポチりましたよ。
23日、ちょっとした差し入れ的な何かを持って伺いますのでね。
ご一緒に日本海の珍味、それから僕の作った差し入れ的な何かでもって
熱燗で乾杯しませんか?(美味しくできるか心配・・・)

もちろん酒器の展示ですので酒器を作る作家、たくさん集まります。
あ、そうだ。僕も酒器を作る作家の一員なんだった。忘れるとこだった・・
各地から10名以上ものいろんな素材の作家たちが丹精込めた作品を
持ち寄ってまいりますの。
素敵な酒器を眺めながらクイッとやって、
寒い体もホッカホッカにあっためて
美味い酒といい酒器めっけてしまいましょう。

え?心が寒い??
む〜、それはおじさんの力じゃどもならんなぁ。
ん?頭が寒い??
え?俺が??大きなお世話じゃ!

酒と器と男と女

12月23日(金・祝)〜29日(木)
工藝 器と道具 SML
東京都目黒区青葉台1−15−1
AK-1ビル1F
03-6809-0696

酒と器と男と女 2016 酒と器と男と女 2016宛名面 






技で魅せる正月展ー祝いの食卓ー at伊勢丹新宿店

歳も押し迫る・・・っていうといつ頃から使う言葉でしょうか?
12月入って月の半ば過ぎくらいですかねぇ。
今は押し迫ったと言えるかまだなのか・・・
ん?どうでもいい??
いや、今年中って宿題がまだ色々あるので
気持ちが押し迫っているもんだから・・。

12月も三分の一が終わってしまったのですね。
あと今年も20日ほどで終わり。
今年の展示もあと3つというところまできました。
数えたら今年の展示はこれで23個目になるのかな?
うち個展3つ。今年も頑張りました。
あ、終わってない終わってない。
振り返るにはまだ早い・・・

最後から数えて3つ目の展示はこちら。

技で魅せる正月展 ー祝いの食卓ー

伊勢丹新宿展本館5階 キッチンダイニングデコール
12月14日(水)〜25日(日)

もうおなじみになりました。
伊勢丹新宿店。
最近はおまかせっぱなしで申し訳ないです。
店内改装してからアテンドしてないかも。
だから行く度に迷うのか・・
スンマセン、今回も伊勢丹の皆様よろしくお願いいたします。

もう企画は『お正月』
新しい年を迎える準備です。
『祝いの食卓』には何が並ぶんでしょうか?
昆布巻き、黒豆、田作り、伊達巻・・・
もちろん、雑煮、お酒もね。
あ、母ちゃんが作るまだらのたらこ(金沢ではマコって呼んでたけど)
の煮つけが食べたくなっちゃった。うまいんだよなぁ。

それらお正月の食卓を飾るご馳走の数々を
我々、作り手陣が器からサポート致しましょうという企画。
もちろん素材も多岐。
陶器、ガラスに木工、漆・・・
その一角にワタクシの錫の器も入れていただこうと、
そういう魂胆です。

皆様素敵なお正月をお迎えくださいね。
それでもし僕の器がお仲間に入れていただけるなら
こんな嬉しいことはありません。

どうぞよろしくお願いいたします。

技で魅せる正月展 技で魅せる正月展 宛名面 


プロフィール

角居康宏

Author:角居康宏
モノを作るのが好きです。
モノを作ることによって
人と関わるのが好きです。

誠実に作ったものは
人の心を動かすと思っています。
美術は人に
熱を与えうると思っています。

僕が、たくさんの作品に
心動かされたように、
僕の作ったもので
誰かの力になれたら。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR