FC2ブログ

長野の酒メッセ2019 at ホテルメトロポリタン長野

先日の台風19号は大変大きな爪痕を残していきました。
僕の住む中条地域は被害はなかったのだけれど
長野市内でも被災した地域は多く、また、千曲川沿いの周辺の地域も
飯山、上田など大きな被害を被りました。
長野県だけでなく、関東、東北地方でも大きな災害が起こり
いまだに把握しきれないと思います。
被災された皆様、心よりお見舞い申し上げます。

こういう時にイベント主催者というのはものすごい葛藤を抱えることになります。
決行するのか、自粛するのか。
どの道に決断するにも勇気が必要なのでしょう。
どちらを選んだとしてもその決断に敬意を払いたいと思います。
今日、僕も参加することになっていたイベントの中止の連絡が入ってまいりました。
たくさん話し合いを重ね、慎重に調整し、
みんなの笑顔や思いを想像しながら準備してきたことを
やめるということは並大抵ではなかっただろうと想像しています。

一方で決行することを決断したイベントもあります。
それが明日、って言ってもあと少しで日付は変わってしまいますが
17日にホテルメトロポリタン長野で行われる
「長野の酒メッセ2019」
最近は県外でも美味しいとの評判を聞く長野の酒
その頑張ってる長野の酒蔵が一堂に会して今年の出来を発表する場。

こういう時に酒というと「こんな時に酒なんか呑んで!」
っていう声が聞こえてきそうな気もしますが
その酒一本作るにも蔵人が精神を研ぎ澄まし、全力を傾けて
まさに人生をかけて作っているものなのだから
どんな時にも「酒なんか」とは言えないんじゃないかと僕なんかは思ってしまいます。
酒に救われた経験なんてお酒を飲む方なら経験あることでしょうし。

こんな時こそ平常心を持つことも必要。
もちろん、僕たちがお酒を飲んでいる時も避難所で生活されている方々も
たくさんおられると思います。
手を差し伸べるのも真心。
その人たちが帰ってくる場をちゃんと用意しておくことも真心。
「お疲れさん、大変だったろ?ま、ぼちぼち。」なんて言いながら一献傾ける。
そんな日が来るのを信じて。
そんな気持ちに応えてくれる酒、長野にはたくさんありますので。
僕はいつもながら酒器部門で参加させていただきます。

長野の酒メッセ2019
10月17日
ホテルメトロポリタン長野
酒販関係者13:00〜15:30  参加費1500円
一般16:30〜19:30    参加費2000円

酒メッセ 2019 オモテ002酒メッセ 2019 ウラ001



スポンサーサイト



煎茶上等リターンズ at白白庵

煎茶上等」の展示が東京青山の白白庵で開催されたのが
2017年9月・・・

・・あれから2年・・

ヤツがパワーアップして帰ってくる・・
デデデッデデッ(効果音です)

煎茶上等リターンズ!!

「なんやアンちゃん、やんのかゴルァ!こちとら煎茶上等!
その口かっぴらいてうまい煎茶飲ましてやるわ ゴルァ!!
こっちにゃ売茶翁が後ろに控えとるんじゃあ!!」

・・とまあ、あれですね。
「リターンズ」と名のつく映画は割と物騒な感じの映画が多いですわね。
リターンズで検索かけると
「バットマンリターンズ」とか「ビーストウォーズリターンズ」とか・・
あ、「死霊のはらわたリターンズ」と「ナニワ金融道リターンズ」
も出てまいりました(笑)

前作では白白庵の主人 石橋がお奉行様に
高価な茶器の一揃えを袖の下で渡し、
振り向いてニヤリと笑うシーンでエンディングとなりましたが
今回はどうなるか・・。

ってそういう話じゃないですわね。
そんなもん誰も見てないっつーの。
(石橋さん、悪役っぽい雰囲気での出演、ありがとうございます)

いやいや、今回は脱線に次ぐ脱線で
なかなか展示の告知まで至らないですが
前回、好評のうちに幕を閉じた「煎茶上等
今回もお声かけいただき参加と相成りました。
今回、新たに急須を作ったのですがこれがなかなかのお気に入り。
皆様の目にはどう映りますか。
会場でぜひご覧になってくださいまし。

煎茶上等リターンズ
9月21日〜10月2日(木曜定休)
11:00~20:00
東京 青山 白白庵

煎茶上等リターンズオモテ煎茶上等リターンズウラ






あした工芸ピクニックへ行こう at梅田阪急

すっかり涼しくなってまいりました。
秋口のさわやかな季節になってまいりますと
僕の場合、どーも鼻の奥がムズムズ・・
くしゃみは止まらないわ鼻水は出続けるわ目は痒いわ
全然体調的にはさわやかじゃないんでございます。

しかしそうも言ってられない状況もあったりして
ぼーっとする頭でお仕事お仕事。

それでも初めての場所っていうと新鮮な気持ちになれるものです。
いろんな作り手の方から「ここいいよ!」って伺うことの多い場所
大阪、梅田阪急。
今回、お声かけいただいたのはかつて僕が鯉江良二氏の元にいた時に
お世話になった方。
もう25年も前のことになってしまいました。四半世紀!!
久しぶりに電話で話し、昔話やら「あの人は今!」的な話で盛り上がったのでした。

そんな懐かしい出会いも作ってくれたこの展示です。
大阪はもともと大阪浪華錫器という錫器としては地場産業指定品に指定された場所
ちなみに全国には二箇所あってもう一箇所は
鹿児島、薩摩錫器が指定されていますが
どちらも職人不足に悩まされているとか。

今年7月には大阪、ギャラリー上方銀花にて個展をしたばかり
僕の作っている錫器は本場大阪でどういう風に捉えられているのでしょうか?
今後も関西方面でも頑張っていきたいところです。

この催し、もう始まっています。
18日より23日まで。遅くなってすんません。
関西方面でこの週末にお時間のある方
ぜひ足をお運びくださいな。
よろしくお願いします。

工芸ピクニック チラシ1工芸ピクニック チラシ2

美食の器 atパークホテル東京25階アートラウンジ

本日2本目。

どうしてこう展示って重なるんでしょうか?
前回ブログ書いたときは3本連続でした。
今回も実はもう一本告知があるんだけど
いろいろあって別日に書きます。
これなんか法則?マーフィのヤーツにこれ載ってるのかな?
最近友人の車が調子悪いんだけど車屋に見せに行くと
直っちゃう現象に取り憑かれてるとか。
僕の車も走ると異音するので今日車屋さんにもって行ったのですが
店に入るときも異音が続いててなんかホッとしました。
それホッとするとこじゃないよね?

さて、お次は東京汐留、パークホテル東京。
ブログ見返してみたら今年は3月から
ずっと切れずに展示させていただいてたのでした。
3月25日スタートの「花の器
それが終わって5月23日スタートの「涼感百景
そして涼感百景が8月28日に終了して今度は「美食の器」
この展示が終わるのが11月末。
なんと八ヶ月もずっとあの高級ホテルのラウンジに飾られていることになります。
(飾られているだけじゃなくて販売もしてます。僕のもちょっとは売れた。)

このホテル、お客様の大部分が外国の方。
一度展示のイベントがあり、一泊泊めていただいたことがあるんですが
朝食を食べにラウンジに行くと僕以外皆外国の方で
「あれ?ここジャパンだよね?」ってなりました。
ホテルスタッフも外国の方が多いのです。

そんな場所で僕の作ったものはどんな風に見えているのでしょうか?
とても気になるところではあります。

とまあ、そんなわけで今回「美食の器」
新作のワインクーラーなど制作いたしましたよ。
気に入っていただけるといいな。

毎回お伝えしていることではありますが
この展示、ラウンジにはフリーで入れるので
展示だけでも見にいって下さって大丈夫。
僕も最初「ここだよね?ここでいいんだよね??」っつって緊張しちゃいましたが
何にも問題ナッシングでした。
ぜひ行ってみて下さいね。
流石に「お待ちしてます」とは言えないけれど。

美食の器
パークホテル東京25階アートラウンジ
8月29日(木)〜11月27日(水)
7:00~22:00

美食の器 2019001美食の器 2019002

No beer, No life ビールで人生に幸せを at元麻布ギャラリー佐久平

お盆を過ぎ、暑さも落ち着きましたね。
僕の住むところ、長野市中条はもう朝晩は肌寒い感じです。
と、こんなことを書くと都会に住む方から
「いいよなあ、田舎暮らし。こっちはまだ朝晩十分暑いぜえ」
などと言われそうです。
いかがですか?田舎暮らし。中条の空き家物件紹介しますぜー。
いやマジで。気になるかたいっぺんきてみてはいかがですか?
東京暮らしでも別荘にいいかもしれません。家賃安いですし。
これから田舎を楽園にしていきましょう!

さて、この夏もビールが美味かったですなあ。
あっつい日中汗かいて、散々働いてからの
プシュッ、ごくっ、プハぁ・・
タマランですなあ。
あ、すいませんすいません。過去形にしちゃいけないですよね。
もうビールは夏の飲み物という感じでもなく、年中ですから
秋には秋の、冬には冬のビールのうまさがあるってもんです。
しかぁし、それでも夏のビールは特別。
つめたぁいビールが喉を通り抜けるあの感じ。至福の時間です。

そんなビールの器を並べた展示が佐久平駅前、
元麻布ギャラリー佐久平にて開催されます。
題して『No Beer, No Life ビールで人生に幸せを』
むぅ、確かになあ。ビールがあれば人生幸せだよなあ。

ビールもいろいろ種類がありますからね。
それぞれのビールにこの器を合わせてしまおう!ってな具合で
いまをときめくクラフトビールの雄、ヤッホーブルーイングのビールに
ギャラリーが合わせた参加作家の器の提案があります。
僕の器には「インドの青鬼」今度やってみよう。

同じ文法に「No Music,No Life」やら「No Woman, No Cry」
があります。
ボブマーレーのゆったりしたリズムに身を任せ、ビールをゴクリ。
これぞ人生。いいじゃないですか。もうこれで。
Everything's gonna be all light!!

No Beer, No Life ビールで人生に幸せを
元麻布ギャラリー佐久平
8/28(水)〜9/8(日)
11:00〜19:00
クロージングパーティ 9/8(日) 15:00〜
(僕も行きます!)


 No beer,No life 001 No beer,No life 002 No beer,No life 003 No beer,No life 004





プロフィール

角居康宏

Author:角居康宏
モノを作るのが好きです。
モノを作ることによって
人と関わるのが好きです。

誠実に作ったものは
人の心を動かすと思っています。
美術は人に
熱を与えうると思っています。

僕が、たくさんの作品に
心動かされたように、
僕の作ったもので
誰かの力になれたら。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR